不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

不倫は恋愛だから仕方ない?

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

「不倫は恋愛だ。人を好きになるのは仕方ない」

 

「だから、不倫はそこまで責められることではないはずだ」

 

・・と、このような理屈を振りかざし、開き直る夫や不倫相手もいます。

 

 

確かに、百歩譲って、不倫は恋愛の側面もあるかも知れません。

 

人を好きになるのも仕方ないかも知れません。

 

しかし、人を好きになるのと、不倫というハードルを越えてしまうのは、全く次元の違う話です。

 

不倫をしない人は、そこをちゃんと分かっています。

 

一時の感情に流されて、大切な人を傷つけたり、失ったりしないよう、自分の気持ちと行動をコントロールしているのです。

 

不倫は恋愛だと言い張って正当化しようとする人は、不倫の一面のみを切り取って、不倫の全てを美化しようとしています。

 

なぜ不倫という歪んだ恋愛に引き寄せられるのか、自らの心の闇から目をそらしているのです。

 

 

不倫の当事者というのは、後付けの苦しい言い訳、屁理屈、こじつけで自己防衛を図るのが常です。

 

「不倫は恋愛だから仕方ないじゃないか」というのも典型的な屁理屈です。

 

ただ、心が弱っているときは、こういう屁理屈ですら一理あるように思えて、余計に自信を失ってしまうことがあります。

 

そういうときは、他者(親きょうだい、知人・友人、カウンセラーなどの専門家)に意見を求めてみることも大切です。

 

他者から「そんなのは屁理屈だよ。夫の言い分はおかしいよ」と言ってもらえると、自分は間違っていないと分かって勇気がわいてきます。

 

他者に訊けない場合は、自分の考えに合った(今の自分を肯定してくれる)サイトやブログの記事を読むのも効果的です。

 

当サイトの記事も、そのように活用して頂けたら嬉しいです。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ