「不倫は恋愛だから仕方ない」は屁理屈に過ぎない

不倫が純粋な恋愛ではない理由

 

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

「不倫は恋愛だ。人を好きになるのは仕方ない」

 

「だから、不倫はそこまで責められることではないはずだ」

 

・・と、このような屁理屈を振りかざし、開き直る夫や不倫相手もいます。

 

 

しかし、不倫は純粋な恋愛ではありません。

 

・不倫だからこそ味わえる刺激で、ストレスや不満を解消したい

 

・妻から得られないもの(恋愛初期のドキドキ感、解放感など)を得たい

 

・不倫相手に頼られたり、称賛されることで、自分の価値を再確認したい

 

 

無意識のうちに、こうした動機から始まるのが不倫です(不倫をする夫の心理がわかる本第1章1.「夫はなぜ不倫をするのか?」参照)

 

不倫は、「自分の欲しいものを得るために相手を利用している」に過ぎません。

 

表面上はともかく、根本のところでは、相手を幸せにしたいとか、相手を大切に思う気持ちなどありません。

 

要は、自分の欲しいものが得られれば、相手は誰でも良いのです。

 

これが純粋な恋愛とはとても言えないでしょう。

 

 

人を好きになるのと不倫をするのは別次元の話

 

まぁ、純粋な恋愛ではないとしても、不倫を恋愛と勘違いしてしまうことはあるでしょう。

 

「人を好きになるのは仕方ない」と言われれば、それはそのとおりです。

 

 

しかし、人を好きになるのと、不倫というハードルを越えてしまうのは、全く次元の違う話です。

 

不倫をしない人は、そこをちゃんと分かっています。

 

一時の感情に流されて、大切な人を傷つけたり、失ったりしないよう、自分の気持ちと行動をコントロールしているのです。

 

不倫は恋愛だと言い張って正当化しようとする人は、不倫の一面のみを切り取って、不倫の全てを美化しようとしています。

 

なぜ不倫という歪んだ恋愛に引き寄せられるのか、自らの心の闇から目をそらしているのです。

 

 

「不倫恋愛のどこが悪い」と開き直る不倫相手の心理

 

不倫相手の中には、下記のような調子で開き直っている人間もいます。

 

「不倫恋愛のどこが悪い」

 

「恋愛は自由だ」

 

「不倫したって堂々と幸せになって良い」

 

「彼が不倫をしたのは奥さんに問題があったから」

 

「慰謝料さえ払えば良いんでしょう」

 

 

不倫を反省するどころか、すっかり開き直っている不倫相手に対し、腸が煮えくり返る思いをしている方もおられるでしょう。

 

 

確かに、夫の不倫は不倫相手だけの責任ではありません。

 

しかし、不倫相手の軽率な行為により、妻や子供が深く傷つき、平穏で幸せな生活を奪われてしまったのは紛れもない事実です。

 

不倫相手が不倫恋愛に浮かれているウラでは、人生を大きく狂わされてしまう人たちがいるのです。

 

 

100歩譲って「恋愛は自由」だとしても、「人を傷つけて良い」ということにはなりません。

 

不倫相手に恋愛の自由があるとしても、人を傷つける自由や権利など与えられていません。

 

不倫相手がいかに開き直ろうと、人を傷つけてしまった時点で、その責任からは逃れられません。

 

 

人間は、いついかなるときも、自分自身の行動を肯定したいものです。

 

不倫相手の開き直りも、自分の行動を肯定したいがための、苦し紛れの反応なのでしょう。

 

 

人を不幸に陥れる恋愛(のようなもの)しかできず、そのうえ必死になって自己肯定を続ける不倫相手とは、なんと哀れな人たちなのでしょうか。

 

 

同じ恋愛をするのなら、人を傷つけない、誰からも後ろ指を指されない恋愛をして欲しいものです。

 

 

「不倫は恋愛だから仕方ない」という屁理屈に負けない方法

 

 

このように、不倫の当事者というのは、後付けの苦しい言い訳、屁理屈、こじつけで自己防衛を図るのが常です。

 

「不倫は恋愛だから仕方ないじゃないか」というのも典型的な屁理屈です。

 

 

ただ、妻の心が弱っているときは、こういう屁理屈ですら一理あるように思えて、余計に自信を失ってしまうことがあります。

 

そういうときは、他者(親きょうだい、知人・友人、カウンセラーなどの専門家)に意見を求めてみることも大切です。

 

 

他者から「そんなのは屁理屈だよ。夫の言い分はおかしいよ」と言ってもらえると、自分は間違っていないと分かって勇気がわいてきます。

 

他者に訊けない場合は、自分の考えに合った(今の自分を肯定してくれる)サイトやブログの記事を読むのも効果的です。

 

当サイトの記事も、そのように活用して頂けたら嬉しいです。

 

 

 

夫の不倫解決に役立つ電子書籍3部作(累計販売数700冊突破!)

 

当事務所では、夫の不倫を解決するために役立つ電子書籍を3種類販売しております。

 

おかげさまで累計販売数は700冊を超えております。

 

・カウンセリングを受けるのは抵抗がある方

 

・まずは誰にも知られず、自分で夫の不倫に対処したい方

 

・不倫後、妻とやり直すために必要な知識を身に着けたい方

 

電子書籍はこのような方に特にお勧めです。

 

夫の不倫解決、不倫が終わって妻とやり直すために、ぜひ電子書籍をお役立てください!

 

電子書籍「不倫をする夫の心理がわかる本」

 

電子書籍「不倫をする夫の心理がわかる本」

 

本書は、不倫をする夫の心理や本心を解き明かし、わかりやすく解説した1冊です。

 

電子書籍「夫の不倫対処マニュアル」

 

電子書籍「夫の不倫対処マニュアル」

 

夫の不倫対処マニュアルでは、夫の不倫に適切に対処する方法を、具体的かつ分かりやすく解説しています。

 

電子書籍「不倫を反省して妻とやり直したい夫のための本」

 

電子書籍「不倫を反省して妻とやり直したい夫のための本」

 

本書では、「不倫後のやり直しのために必要なこと」「夫が果たすべき役割」「やってはいけない言動」などを分かりやすく解説しています。

 

 

不倫問題カウンセラー 花田好久へのご相談はこちら

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 

カウンセラー花田へのご相談はこちら(夫の不倫・浮気を解決するためのカウンセリング)

 

無料メルマガ「不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ」