不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

浮気を絶対に認めない夫の心理とは?

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

浮気をしたのは確実なのに、「遊んだだけ」「キスはしたけどエッチはしてない」など、見え透いた嘘をつき、浮気を絶対に認めない夫がいます。

 

浮気・不倫は、密室の中で行われるものです。

 

部屋に監視カメラを仕込んでおいたり、現場を押さえるなどしないと、性行為そのものを確認することはできません。

 

それを良いことに、浮気相手と口裏を合わせるなどして、絶対に浮気を認めないわけです。

 

不倫の慰謝料請求では、性行為そのものを確認できる証拠までは不要です。

 

 

夫が浮気を絶対に認めないのは、多くの場合自己保身(妻に責められたくない、離婚されたくない、認めると浮気を続けられなくなる)のためです。

 

浮気を否定し続けていれば、そのうち妻も追及をあきらめるだろう・・という打算も働いています。

 

 

浮気を認めない夫の態度は、大変卑怯でズルいものです。

 

妻としては怒りを覚えるところですが、浮気を認めさせようと強く迫れば迫るほど、夫はかえって意地になって認めないものです。

 

押し問答を繰り返しているうちに、「そんなに言うのなら浮気の証拠を出してみろ!」と反撃してくることもあります。

 

 

ここでやりがちなのが、「夫に浮気を認めさせるために、確たる証拠を掴んでやろう」と、証拠探しに力を注ぐことです。

 

確かに、証拠があるに越したことはありませんが、証拠があれば夫が浮気を認めるとは限りませんし、浮気を止めるとも限りません。

 

 

大切なのは、夫に浮気を認めさせることでも、浮気の証拠を掴むことでもなく、夫に浮気を止めてもらうことのはずです。

 

ですから、「浮気を認めろ・認めない」の不毛な争いからは、さっさと降りてしまいましょう。

 

夫が浮気を認めなくても、浮気の証拠がなくても、夫に浮気を止めてくれるよう求めていって良いのです。

 

最初は浮気を認めなくても、次第に認めるようになる夫も少なくありませんよ。

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ