不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

「悪意のない不倫」が妻を傷つけるワケ

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

 

「妻を傷つけるつもりはなかった」

 

「妻がこんなに傷つくとは思わなかった」

 

不倫をした夫から、こういうセリフを聞くことがあります。

 

平安神宮の桜

 

私は不倫をした夫からのご相談も受けています(不倫を反省して妻とやり直したい夫のためのサイト)。

 

その立場からは、「妻を傷つける悪意はなく不倫をする」という夫が多いことは、実感として感じています。

 

 

しかし、夫から「悪意(傷つけるつもり)はなかった」と言われれば言われるほど、余計に腹が立ってくるという方も多いのではないでしょうか?

 

それは当然のことで、妻にしてみれば、悪意のない不倫の方がむしろ傷つくということはあるのです。

 

 

悪意がある不倫とは、不倫をされたときに妻がどう感じるであろうか、それを分かっていて、あえて傷つけるためにやるものです。

 

妻が傷つくだろうと分かっていて、あえてやるのはもちろん酷いことです。

 

ただ、そこには、「妻の気持ちを想像する」というプロセスが存在しています。

 

ということは、夫は、良くも悪くも、妻の気持ちに全く無関心ではなかったということです。

 

 

 

これに対し、悪意がない不倫には、上記のプロセスが欠けています。

 

自分の不倫で妻がどう感じるのか、想像していなかった(できなかった)ということです。

 

これは、夫が妻の気持ちに無関心だったとも言えます。

 

何年も夫婦としてやってきて、妻が何をされると傷つくのかも分かっていない(分かろうともしていない)・・。

 

悪意があるよりも、その方がむしろ傷つくという妻もいるのです。

 

 

 

また、不倫=悪いこと(妻を傷つけること)だとわかって、あえてそれを乗り越えてやるというのは、心理的な葛藤や負担を伴います。

 

夫は不倫を楽しんでいたかも知れないが、同時に苦しみも味わっていたのではないか?

 

そう思うと、少しは夫への怒りが和らぐこともあります。

 

 

しかし、悪意がなければ、その葛藤もなく、何の苦しみも味わうことなく不倫をしていたということになります。

 

無邪気に不倫を楽しんで、バレたら「傷つけるつもりはなかった」とは、何という言い草なのでしょうか。

 

 

悪意がないから余計に傷つくのに、オレは悪意はなかった(だから許してね)と何度も言われたら、それは腹が立つのも当然のことです。

 

夫は謝罪と弁解のつもりでも、妻にすれば、さらに神経を逆なでされるわけですからね。

 

 

 

悪意がある不倫と無い不倫、どっちがより傷つくのかは妻の感じ方によって違います。

 

ただ、上記のように、悪意がない不倫の方がむしろ傷つくこともあるのです。

 

 

悪意のない不倫をしていた夫には、ぜひそのことを理解し、大いに反省して欲しいと願っています。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ