夫の不倫を解決できる妻の3つの共通点

夫の不倫を解決できる妻の共通点その1 「ちゃんと怒っていること」

 

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫の不倫を解決できる妻には、ある共通点があります。

 

その共通点の一つ目は、「ちゃんと怒っていること」です。

 

・不倫の現場に乗り込んで、「これはどういうこと!?」と夫を問い詰める

 

・不倫相手の女の髪の毛をつかんで引きずり回す

 

・不倫の証拠を発見した瞬間、夫に往復ビンタを食らわす

 

これらは(ほぼ)実例です。

 

実際に妻がこうした行動に出て、結果的に夫は不倫を止めました。

 

妻の怒りのエネルギーが、夫の不倫問題解決の突破口を開いたわけです。

 

 

上記のような怒り方は、私にはとてもできないと思われたでしょうか?

 

別にマネをする必要ありません。

 

やり過ぎている部分もありますし、行動のタイミングや、夫のタイプによっては逆効果になることもありますからね。

 

怒りの表現の仕方は人それぞれで良いのです。

 

 

 

 

大事なポイントは、夫の不倫という行為に対して「怒りを感じて良い」ということです。

 

確かに、怒りは、表現の仕方によっては人間関係を壊すこともあります。

 

その意味で、取り扱い注意の感情ではあります。

 

しかし、怒りの感情は、自分の心と体を守るためのものでもあります。

 

「喜怒哀楽」というように、人間にとって必要不可欠な感情なのです。

 

 

夫の不倫を「ちゃんと怒ることができない」場合、表現以前の問題として、怒りを「恥ずかしいもの」「悪いもの」「怒っている女性は嫌われる」と思い込んでいる可能性があります。

 

あなたも心あたりはないでしょうか?

 

確かに、何かにつけてプリプリ怒っているのでは、ただの「怒りっぽい人」「常にイライラしている人」になってしまいます。

 

それでは嫌われても仕方ありませんね。

 

 

しかし、怒るべきときにちゃんと怒ることは、全く違う次元の話です。

 

夫の不倫は妻の心と体をひどく傷つける行為です。

 

「ここで怒らなくていつ怒るの?」と言っても良いくらいに「怒るべき時」なのです。

 

 

夫の不倫を解決できる妻の共通点その2 「自分の世界を持っていること」

 

夫の不倫を解決できる妻の、2つ目の共通点は、「自分の世界」を持っていることです。

 

 

自分の世界とは、自分自身の人間関係(親きょうだい、友人、知人)、仕事、好きなこと、趣味などのことです。

 

自分の世界を持っている女性は、「夫(家庭)が自分の全て」の女性に比べ、夫の不倫を解決しやすくなります。

 

その理由は以下の通りです。

 

 

・夫の不倫を相談できる人がいる→悩みを1人で抱え込まずに済みます

 

・仕事をしているので、経済的不安が少ない→いざとなれば「離婚」と、腹をくくって対処できます

 

・趣味や好きなことで気分を発散できる→気分がラクになるので、悩みに前向きな対処ができます

 

 

 

そして、一番大きいのが、「夫の不倫を客観的に見られる」ということです。

 

自分の世界があるので、自分と夫は別人格の人間であると認識しやすくなります(境界線を引ける)

 

 

「夫の不倫は自分に影響を与えるけど、基本的には夫自身の問題である」

 

そう認識することで、夫の不倫と冷静に向き合いやすくなり、対処もしやすくなるのです。

 

 

つまり、自分の世界を持つということは、夫の不倫に対処する足場を持つということなのです。

 

 

これに対して、「夫が自分の全て」になっていると、夫の不倫は自分自身の問題になります。

 

夫の不倫が自分の問題になっていると、自分を責めて余計に苦しくなりやすいのです。

 

そういう状態では、夫の不倫問題に冷静に向き合うことも、適切に対処することも難しくなってしまいます。

 

 

 

 

日本の社会では、「良妻賢母」を称賛する風潮がまだまだ根強いですよね。

 

結婚や妊娠と同時に仕事をやめるケースも少なくありません。

 

また、モラハラ傾向のある夫だと、妻の行動範囲をどんどん狭めようとしてきます。

 

 

こういう状況で、女性が結婚後も自分の世界を持ち続けるのは、なかなか難しいことだと思います。

 

「夫が自分の全て」になってしまったとしても、無理はありません。

 

 

「夫が自分の全て」で上手く回っている内は良いのです。

 

問題は、夫が不倫(その他の問題行動も含む)をしたときです。

 

妻が自分の世界を持っていない(不倫に対処するための足場がない)ため、どう対処したら良いか分からずパニックになりがちだからです。

 

 

今からでも決して遅くはありません。

 

自分の世界を持つ(広げる)努力をしましょう。

 

 

・友人を信頼して、思い切って夫の不倫の悩みを相談する

 

・趣味や好きなことを見つける(それらを通して、夫以外の交友関係を広げる)

 

・短時間のアルバイトを始めてみる

 

 

このようにして、自分の世界を広げて行けば、夫の不倫問題に対処する足場が固まってきます。

 

足場が固まれば、適切に対処しやすくなりますので、自ずと不倫問題の解決も早まるはずですよ。

 

 

夫の不倫を解決できる妻の共通点その3 「行動していること」

 

夫の不倫を解決できる妻の、3つ目の共通点は、「行動していること」です。

 

夫の不倫は、ただ様子を見ているだけではなかなか解決しません。

 

やはり、妻自ら、解決のために何らかの行動を起こす必要があります。

 

 

下記のような情報収集も行動のうちです。

 

・他の人(夫に不倫をされた妻)のブログを読んで、他の人がどう対応して、どういう結果になったかを知る

 

・ネットや書籍などで、不倫の対処法、解決法、夫の心理を学ぶ

 

・夫の行動をチェックして不倫の状況や証拠を押さえる

 

カウンセラーなどに相談し、不倫対処法のアドバイスをもらう

 

 

 

 

ただ、情報収集だけで終わってしまうと、夫の不倫は解決しません。

 

集めた情報をもとに、自分はどうしたいのかを考え、実際に行動を起こすことが必要になります。

 

 

不倫を解決できる妻は、みな、情報収集だけで終わらずに行動をしています。

 

もちろん、行動を起こすまでの期間やタイミングは人それぞれですから、慌てて行動する必要はありません。

 

情報を集めて、自分がどうしたいのかじっくり考えたら、あとは勇気を出して行動あるのみです

 

 

 

夫の不倫解決に役立つ電子書籍3部作(累計販売数700冊突破!)

 

当事務所では、夫の不倫を解決するために役立つ電子書籍を3種類販売しております。

 

おかげさまで累計販売数は700冊を超えております。

 

・カウンセリングを受けるのは抵抗がある方

 

・まずは誰にも知られず、自分で夫の不倫に対処したい方

 

・不倫後、妻とやり直すために必要な知識を身に着けたい方

 

電子書籍はこのような方に特にお勧めです。

 

夫の不倫解決、不倫が終わって妻とやり直すために、ぜひ電子書籍をお役立てください!

 

電子書籍「不倫をする夫の心理がわかる本」

 

電子書籍「不倫をする夫の心理がわかる本」

 

本書は、不倫をする夫の心理や本心を解き明かし、わかりやすく解説した1冊です。

 

電子書籍「夫の不倫対処マニュアル」

 

電子書籍「夫の不倫対処マニュアル」

 

夫の不倫対処マニュアルでは、夫の不倫に適切に対処する方法を、具体的かつ分かりやすく解説しています。

 

電子書籍「不倫を反省して妻とやり直したい夫のための本」

 

電子書籍「不倫を反省して妻とやり直したい夫のための本」

 

本書では、「不倫後のやり直しのために必要なこと」「夫が果たすべき役割」「やってはいけない言動」などを分かりやすく解説しています。

 

 

不倫問題カウンセラー 花田好久へのご相談はこちら

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 

カウンセラー花田へのご相談はこちら(夫の不倫・浮気を解決するためのカウンセリング)

 

無料メルマガ「不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ」