不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

不倫をされてどういう気持ちか、夫にきちんと言葉で伝えよう!

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫に不倫を止めてもらうための※第1ステップは、「不倫をされてどういう気持ちか、夫にきちんと言葉で伝えること」です。

 

※夫の不倫を解決するための3ステップはこちらをご覧ください。

 

 

妻の辛い気持ちが伝わることで、夫に「このまま不倫を続けて良いのか」と「考えさせる」ことができます。

 

夫が不倫を止めるかどうかは夫が決めることですが、止めるべきかどうか考えさせることはできるのです。

 

 

「不倫をされてどういう気持ちか、夫にきちんと言葉で伝える」

 

一言で言うと簡単ですが、案外ここでつまづいている方も多いようです。

 

 

不倫をされてどういう気持ちか、夫にきちんと言葉で伝えるためには、まず、自分の気持ちを自分で把握することが必要です。

 

しかし、自分でも自分の気持ちがよく分からない・・・という方もおられるでしょう。

 

自分の気持ちがよく分からないのは、日常生活で自分の気持ちを抑え込むクセがついているからだと思われます。

 

特に、ネガティブな感情(寂しい、辛い、悲しい、怒り、満たされない、etc...)ほど抑え込みがちになります。

 

これは、「ネガティブな感情を持つのは悪いこと」という刷り込みや、「人間関係が悪化しないよう、ネガティブな感情は表現しないでおこう」という考えが影響しているのでしょう。

 

 

こうして、ネガティブな感情を抑え込んでいると、ポジティブな感情も含めて、自分で自分の気持ちが把握しにくくなっていきます。

 

自分の気持ちがよく分からないという方は、ネガティブな気持ちも抑え込まず、「自分の気持ちに敏感になること」を日常生活で意識してみてくださいね。

 

 

自分の気持ちを把握できたら、次はその気持ちを夫にきちんと言葉で伝えましょう。

 

「不倫をされて私がどんなに辛いかなんて、言わなくても分かるはず」と思われるかも知れませんが、実際は伝わっていないことが非常に多いのです。

 

気持ちは言葉で伝えないと伝わりません。

 

言葉で伝えずに怒りをぶつけるだけ、泣くだけでは、夫に気持ちが伝わっていきません。

 

気持ちが伝わらないから、夫も自分の不倫で妻がどれだけ傷ついているか気付きません。

 

だから不倫をやめようとしないんですね。

 

 

「言わなくても分かるはず」という考えは手放しましょう。

 

そして、自分の気持ちを言葉で表現できるように、少しずつでも良いので言葉を探していきましょう。

 

夫に不倫をやめてもらうための上手な気持ちの伝え方は、「夫の不倫対処マニュアル」第2章2で解説しています。併せて参考にしてみてください。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ