不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

夫の不倫は「待つ」のも大事

夫の不倫の解決を「待つ」とは?

 

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫の不倫に対処する際は、時として「待つ」のも大事になります。

 

待つと言っても、夫の不倫を見て見ぬふりして、自然消滅を待つのとは違います。

 

 

夫に「不倫をやめて欲しい」としっかり伝えたら、あとは夫の決断・行動を待つということです。

 

夫がその場ですぐに不倫をやめる決断をできれば、それに越したことはありません。

 

しかし、すぐには決断できない夫もいます。

 

そういう夫には、一旦引いて、考える時間を与えてあげることが大事です。

 

それがすなわち、「待つ」ということです。

 

 

自分で始めた不倫は自分でやめるのが筋

 

不倫はもともと、夫が自分で決めて始めたことです。

 

それなら、やめるかどうかも夫が自分で決めるのが筋というものです。

 

妻が介入して不倫相手と別れさせるのは最後の手段です。

 

 

まずは、夫が、「自分のしたことは自分でケリをつける」のを待ってあげましょう。

 

それが夫を人として尊重することにも繋がります。

 

 

夫の決断を待つのも立派な対処

 

夫の決断を待っている間は落ち着かないし、不安だと思います。

 

カウンセリングのご相談者様からも、「他に、何かやるべきことはないでしょうか?」と尋ねられることもあります。

 

そういうご相談者様には、「やるべきことはやっておられるので、あとは待ちましょう」とお伝えしています。

 

やるべきことをやった上で待つのは「何もしない」わけではなく、立派な対処のうちですからね。

 

 

もちろん、待てば必ず夫が不倫をやめてくれるとは限りません。

 

そのときはそのときで、また改めてどのように対処していくかを考えれば良いのです。

 

 

 

夫の不倫対処マニュアル関連記事

 

●第1章5.見て見ぬふりは禁物

 

・夫の不倫を見て見ぬふりしてしまう心理
・見て見ぬふりを続けるリスク

 

●第1章7.静観すべきときもある

 

・動揺が激しいとき
・対処する勇気が出ないとき
・夫が全く聞く耳を持たないとき
・静観している間にしておくこと

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ