不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

夫が不倫をしたのは自分にも原因がある?

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

「夫が不倫をしたのは、自分にも原因があったからだ・・」

 

「自分がもっとこうしていれば、夫は不倫しなかったかも・・」

 

「自分がこれからこうすれば、夫は不倫をやめてくれるかも・・」

 

 

夫に不倫をされた妻なら、誰しも一度はこのように考えてしまうことがあるでしょう。

 

夫の不倫の原因が自分にもあると考えるのは、自分で自分を責めることにもつながります。

 

ただでさえ夫の不倫で傷ついているのに、それに加えて自分で自分を責めるのは辛いものです。

 

 

そもそも、不倫をしてしまう夫というのは、下記のような「心のクセ(弱さ)」を抱えているものです。

 

・不満をためやすい性格
・自己愛が過度に強い
・ストレス耐性が弱い
・想像力の欠如(不倫をするとどうなるか)
・共感性の乏しさ(妻の気持ちに共感できない)、
・欲求を理性でコントロールできない

 

こうした心のクセを持っている夫が、ときに軽い気持ちで、もしくは不満やストレスをため込んだ結果として不倫に走ってしまいます。

 

不倫をしやすい夫の性格・特徴については、電子書籍「不倫をする夫の心理がわかる本」第1章2で詳しく解説しています。

 

 

夫の心のクセは、妻一人だけで変えられるものではありません。

 

夫の外での行動をすべてコントロールすることもできません。

 

つまり、妻がどんなに良い妻であったとしても、不倫をする夫は不倫をするのです。

 

ですから、妻が不倫の原因を自分に求め、自分を責める必要はありません。

 

 

カウンセリングでは、ここまでの説明で納得し、自分を責めるのをやめられる方もいます。

 

ただ、夫に原因があるのがわかっても、それでも自分を責めるのがやめられない・・という方もおられると思います。

 

なぜ自分を責めるのがやめられないのでしょうか?

 

 

それは、自分を責めるより、「夫には(不倫の原因となる)心のクセ・弱さがあった」という事実を受け入れる方が辛いからかも知れません。

 

「私はどうして不倫をするような夫と結婚してしまったのか・・」

 

「どうして結婚する前に夫の心の弱さを見抜けなかったのか・・」

 

「この結婚は失敗だったのではないか・・」

 

 

この事実を受け入れると、上記のように過去の自分の「結婚の選択」を責めてしまうこともあります。

 

それはある意味、自分の人生を否定するようなものですので、これ以上辛いことはないと言えます。

 

その辛さに比べれば、「夫の不倫は自分にも原因があった」と考えた方がまだマシと感じることがあります。

 

自分の妻としてのあり方や言動に問題があっただけで、結婚の選択は間違いではなかった、と思えるからです。

 

今はそう言い聞かせておいたほうがラクということでしたら、それはそれで良いのです。

 

いずれ、「夫には(不倫の原因となる)心のクセ・弱さがあった」という事実を受け入れられるときが来るはずです。

 

(夫の心のクセ・弱さを認め、許し、受け入れるかどうかはまた別のお話です)

 

そのときには、夫の不倫に関して、自分を責めることから解放されているでしょう。

 

 

 

〜夫が不倫をしたら、結婚は失敗なのだろうか?〜

 

そもそも、夫が不倫をしたからといって、結婚の選択が失敗だったということにはなりません。

 

自分がその時点で「もっとも良い」と思える選択をしたのですから、その選択は失敗でも間違いでもありません。

 

結婚前に夫の本質をすべて理解することは不可能ですし、結婚して初めてわかることも沢山あります。

 

私たちは誰一人、将来のことを予知することはできません。

 

その中で、ときに悩み、迷いながらも、自分にとって「もっとも良い」という選択を重ねていくわけです。

 

結果がどうだろうと、他人がどう評価しようと、自らの選択には自信と誇りを持って良いのだと思います。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ