不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

不倫をした夫への怒りを手放す方法

不倫をした夫への怒りを手放すには?

 

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

不倫をした夫に怒りを感じるのは当然のことです。

 

怒りの感情は決して悪いものではありません。

 

しかし、夫への怒りにとらわれ続けるのは、大変苦しいものです。

 

怒りを手放せるのなら、手放せるに越したことはありませんよね。

 

 

とはいえ、「怒るのはもうやめた!」と決意して手放せるほど、夫の不倫で受けた心の傷や怒りは生易しいものではありません

 

夫への怒りを手放すには、怒りにフタをせず、何度も何度も吐き出していくことが必要です。

 

そうやって怒りの気持ちを消化していくことで、自然と手放していけるものなのです。

 

 

夫に怒りをぶつけても怒りが収まらない理由

 

私は夫に怒りをぶつけているが、ちっとも怒りが収まらない・・という方もおられるでしょう。

 

実は、妻が怒りをぶつけて、夫がそれに耐えるというだけでは、怒りはなかなか収まらないものです。

 

 

怒りが収まるのは、怒りの下にある気持ち(不倫されて辛かった、悲しかった、寂しかった・・)を表現できて、夫から深い理解と共感と謝罪が得られたときです。

 

「この人は私の傷ついた気持ちを本当に分かってくれているな」

 

「不倫を心から反省してくれていて、もう繰り返すことはないと信じて良さそうだ」

 

そうした実感の積み重ねによって、怒りが収まり、怒りを手放していけるのです。

 

 

夫が妻の怒りにじっと耐えているだけでは、妻は「自分の気持ちを分かってもらえた」と感じないので、怒りが収まらないのです。

 

それどころか、「気持ちを分かって欲しいのに分かってくれない」と感じて、余計に夫への怒りがつのってしまいます。

 

 

 

怒りをストレートに表現することも必要です。

 

ただ、怒りを手放すには、怒りの下にある気持ちを自分でしっかりと認識して、素直に表現することが大切なのです。

 

 

 

夫への期待を手放すと怒りも手放せることがある

 

夫に不倫で傷ついた気持ちを分かって欲しい。

 

分かって欲しいのに分かってくれない・・。

 

 

夫に分かって欲しいという気持ちがあるうちは、「この人は私の気持ちを分かってくれるはず」と、夫に期待をしているということでもあります。

 

その期待が裏切られるから、怒りがさらにつのるわけですね。

 

 

逆に言えば、夫への期待が無くなると、もう怒る気にもならなくなる、ということもあります。

 

「この人は、本当の意味で私の気持ちを理解するのはムリだろう」と、良くも悪くも夫への期待が消えることで、怒りを手放せることがあるのです。

 

さびしいことではありますが、夫への期待を手放すと、怒りも手放せることがあるわけです。

 

そうやって怒りを手放すことで、夫婦としてやっていくのも一つの選択肢です。

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ