不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

不倫をした夫がすぐには反省できない理由

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫の不倫でどれだけ辛い思いをしているか伝えても、夫から謝罪はおろか、反省の態度すら感じられないケースがあります。

 

勇気を出して辛い思いを訴えたのに、夫はまるで反省していない・・・。

 

これにはとてもガッカリするでしょうし、腹も立つことと思います。

 

「この人はもうダメだ」と、夫との関係修復をあきらめてしまうこともあるでしょう。

 

 

でも、すぐに夫との関係修復をあきらめる必要はありません。

 

不倫をした夫の中には、妻の辛い気持ちを聞いてすぐに反省できる夫もいれば、そうでない夫もいるからです。

 

夫がすぐに反省できないのは、不倫発覚当初は意識が自分を守ることのみに向けられていて、妻の気持ちをくみ取る余裕が無いからです。

 

自分でやったこととはいえ、隠していた不倫が妻にバレるのはショックなことです。

 

不倫発覚の時点で夫も恥ずかしい思いをして、傷ついているんですね(もちろん妻の心の傷の深さには及びませんが)

 

そのため、これ以上不倫の件で責められて傷つかないように、意識が自分を守ることのみに向けられます。

 

夫が妻の落ち度を指摘したり(「お前が●●だからオレは不倫をした」)、不倫の事実を否定するウソをついたり、自己正当化の言動を繰り返すのはこのためです。

 

イメージとしては、自己防衛のための砦を必死で築いている状態、といったところでしょうか。

 

自己防衛に一生懸命で、妻の気持ちに意識を向ける心の余裕が無いんですね。

 

(自己防衛の意識が強いということは、裏を返せばそれだけ自分に自信がないということでもあります)

 

こういう心理状態では、とても反省など出来ないということがお分かり頂けると思います。

 

 

ただ、しばらく時間が経てば、不倫発覚時のショックも薄らぎ、徐々に意識が自分自身から妻へ向き始めます。

 

この段階に来れば、妻の辛い気持ちを理解して、「申し訳ないことをした」と反省できるようになるわけです。

 

不倫発覚後すぐには反省できなくても、時間が経てば反省できるようになる夫もいるということです。

 

(残念ながら、最後まで反省する心の余裕を持てない人もいますが)

 

ですから、夫がすぐに反省できなくても、「この人はダメだ」とあきらめる必要はありません。

 

夫が反省できるまで、しばらく様子を見るのも一つの方法ですよ。

 

※夫に反省を促すためには、私の「不倫を反省して妻とやり直したい夫のための本」を読んでもらう方法もあります。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ