不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

浮気夫に「私と向き合って」と言えば言うほど避けられるのはナゼ?

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

浮気(不倫)している夫に、

 

「逃げずに私と向き合ってほしい」

 

「私の気持ちを分かってほしい」

 

「あなたの気持ちを教えてほしい」

 

・・とどれだけ言っても、夫はまともに向き合おうとしない。

 

むしろ、言えば言うほど避けられてしまう・・

 

こうしたお悩みを持っている方もおられると思います。

 

 

夫に浮気を止めてもらうためには、夫に気持ち(浮気を止めてほしい)を伝えていくことは必要不可欠です。

 

また、浮気という非常事態だからこそ、夫婦は逃げずに向き合うべきだというのは、全くもって正しいと思います。

 

 

ただ、必要なこと、正しいことであっても、それらを押し通すことが常にプラスになるとは限りません。

 

浮気発覚後、妻と向き合うことを避ける夫というのは、罪悪感を強く感じていたり、妻に責められることを過剰に恐れています。

 

そういう夫に対して、「私と向き合ってほしい」と強く働きかけるのは、罪悪感や恐怖感をさらにあおることになります。

 

夫に避けられることで、妻はより働きかけを強めようとし、その結果ますます夫は妻を避けるようになる・・という悪循環が生じるのです。

 

 

また、「妻は一方的に自分の気持ちを押し付けてくる」

 

「気持ちを教えてと言うが、すぐにオレの話をさえぎったり否定してくるので、話す気が失せてしまう」

 

などと感じていて、それが妻を避ける原因になっていることもあります。

 

 

「押してダメなら引いてみる」ということは、夫の浮気の対処にも当てはまります。

 

夫が妻と向き合うことを避けるときは、妻の「向き合ってほしい」「気持ちを分かってほしい」という思いと働きかけが強すぎるのかも知れません。

 

いわば夫に対して「押し過ぎ」の状態にあるのです。

 

そういうときは、勇気をもって「引くこと(働きかけを中止する、弱める)」が大切です。

 

一旦引くことで、上記の悪循環を断ち切ることが出来ます。

 

妻にスッと引かれると、夫はホッとすると同時に「あれ?どうしたんだろう?」と不安や疑問を持つようになります。

 

 

そうすると、次第に夫の方から妻に接近してくるようになります。

 

夫の言動や態度をしっかりと観察しておき、接近してくるタイミングを逃さないようにしましょう。

 

夫の方から接近してきた時こそが、夫に対する「押し時」となります

 

その時なら、今はどれだけ強く働きかけても避けるばかりの夫が、妻と向き合い、妻の言葉に耳を傾けてくれるようになるはずです。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ