寂しくて不倫をする夫への対処法

寂しさを理由に不倫をする夫の心理

 

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫の中には、「寂しさ」を理由に不倫をする人もいます。

 

寂しくて不倫をする夫の心理とは、次のようなものです。

 

 

1.妻のことは大好き。でも、最近かまってもらえなくて寂しい。
   ↓
2.ただ、素直に寂しいとは言えない。
   ↓
3.なぜなら、妻に「弱い男」と思われたくないし、相手にしてもらえなかったら余計に傷つくから。
   ↓
4.そこで、寂しさを埋め合わせるため、フラフラと不倫をしてしまう・・・。

 

 

夫の不倫が発覚すると、妻は「私への気持ちが冷めたからでは?」と受け止めがちだと思います。

 

しかし、上記のように、「妻を愛しているけど、素直に寂しいと言えないがために不倫をする」ケースも多いのです。

 

 

もちろん、「寂しいから不倫をしました」は許される話ではありません。

 

「弱い男と思われたくない」「傷付きたくない」という気持ちは分かりますが、だからといって、不倫をして妻を傷つけて良いことにはならないからです。

 

 

 

夫の不倫は、夫に寂しい思いをさせた妻が悪い?

 

夫が妻にかまってもらえない寂しさから不倫に走った場合、夫に寂しい思いをさせた妻にも非があるのでしょうか?

 

そう言われたら、最近夫のことは放置気味だったかも知れない・・という方もおられるでしょう。

 

しかし、妻も完璧ではありませんし、日々の生活で一生懸命なのですから、夫への配慮が行き届かないこともあるでしょう。

 

それをいちいち不倫の理由にされたら、世の中の夫はみな不倫をすることになります。

 

でも、実際はそんなことはありませんよね。

 

 

不倫をしない夫は、多少さびしい思いをすることがあっても、健全な方法で埋め合わせをするものです。

 

もしくは、妻に「最近放っておかれているような気がしてさびしい」と、率直に気持ちを伝える方法もあります。

 

不倫に走る前にそう言ってもらえば、妻もムリのない範囲で夫への接し方を改めることができますよね。

 

 

夫から何の言葉もサインも出ていなければ、妻は夫のさびしさや不満に気づくことはできません。

 

妻は超能力者ではないのですから、仕方のないことです。

 

 

「さびしい思いをさせた私も悪かったから」と、夫の責任をあいまいにしてしまうと、夫は不倫を反省しなくなります。

 

それどころか、「ほら、お前が悪いからオレは不倫をしたんだ」「いまさら反省したって遅いんだよ」などと調子づくことすらあります。

 

夫の不倫で反省すべきは夫のはずなのに、なぜか夫はいばっていて、妻の方が謝っている・・

 

このような状態では、夫の不倫が解決するはずがありません。

 

 

寂しくて不倫をする夫への対処法

 

では、こういう夫に対して、妻としてできることはあるのでしょうか?

 

夫に寂しい思いをさせない妻になれば良い?

 

そのお気持ちは素晴らしいと思いますが、「全く寂しい思いをさせない」というのは少々ムリがありますね。

 

46時中そばにいることは物理的にムリなので、妻としてできることの範囲を超えています。

 

それに、夫が寂しいと思っているかどうかは、夫の様子を観察するだけでは判断がつきません。

 

 

素直に寂しいと言えずに不倫をしてしまう夫。

 

そういう夫に対して、妻としてできるのは、夫の考える「強さ」を修正してあげることです。

 

 

夫は、妻に寂しさを伝えることで、弱い男と思われるのを恐れていました。

 

その恐れの根底には、「寂しさ(気持ち)をさらけ出す=弱さ」という考えがあります。

 

 

確かに、寂しくてもガマンする「強さ」もあります。

 

しかし、寂しいとか辛いとか、自分の気持ちをさらけ出せるのもまた、「強さ」なのです。

 

自分の気持ちをありのままさらけ出せるのは、それだけ自分に自信がある証であり、他人の愛情を信じる力があるということです。

 

ですから、ありのままの気持ちをさらけ出せるのは、弱さではなく「強さ」なのです。

 

 

「強さにはガマンする強さもあれば、自分をさらけ出す強さもあるんじゃないかな?」

 

「だから、寂しいときは寂しいと言ってくれて良いんだよ」

 

 

妻であるあなたが、夫にそう言ってあげれば、夫の考える「強さ」を修正してあげることができます。

 

そうすれば、夫も自分の気持ちをさらけ出しやすくなります。

 

結果として、「素直に寂しいと言えずに不倫をする」といった事態を繰り返さなくて済むようになるはずです。

 

 

もちろん、夫本人も、なぜ自分は不倫をしたのか、自分自身と向き合って考えないといけません。

 

不倫の原因を突き止め、変えるべき部分は変えていくことで、同じパターンで不倫をくり返さなくて済むようになるです。

 

 

 

 

夫の不倫解決に役立つ電子書籍3部作(累計販売数700冊突破!)

 

当事務所では、夫の不倫を解決するために役立つ電子書籍を3種類販売しております。

 

おかげさまで累計販売数は700冊を超えております。

 

・カウンセリングを受けるのは抵抗がある方

 

・まずは誰にも知られず、自分で夫の不倫に対処したい方

 

・不倫後、妻とやり直すために必要な知識を身に着けたい方

 

電子書籍はこのような方に特にお勧めです。

 

夫の不倫解決、不倫が終わって妻とやり直すために、ぜひ電子書籍をお役立てください!

 

電子書籍「不倫をする夫の心理がわかる本」

 

電子書籍「不倫をする夫の心理がわかる本」

 

本書は、不倫をする夫の心理や本心を解き明かし、わかりやすく解説した1冊です。

 

電子書籍「夫の不倫対処マニュアル」

 

電子書籍「夫の不倫対処マニュアル」

 

夫の不倫対処マニュアルでは、夫の不倫に適切に対処する方法を、具体的かつ分かりやすく解説しています。

 

電子書籍「不倫を反省して妻とやり直したい夫のための本」

 

電子書籍「不倫を反省して妻とやり直したい夫のための本」

 

本書では、「不倫後のやり直しのために必要なこと」「夫が果たすべき役割」「やってはいけない言動」などを分かりやすく解説しています。

 

 

不倫問題カウンセラー 花田好久へのご相談はこちら

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 

カウンセラー花田へのご相談はこちら(夫の不倫・浮気を解決するためのカウンセリング)

 

無料メルマガ「不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ」