不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

寂しくて不倫をする夫への対処法

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫の中には、「寂しさ」を理由に不倫をする人もいます。

 

寂しくて不倫をする夫の心理とは、次のようなものです。

 

 

1.妻のことは大好き。でも、最近かまってもらえなくて寂しい。
   ↓
2.ただ、素直に寂しいとは言えない。
   ↓
3.なぜなら、妻に「弱い男」と思われたくないし、相手にしてもらえなかったら余計に傷つくから。
   ↓
4.そこで、寂しさを埋め合わせるため、フラフラと不倫をしてしまう・・・。

 

 

夫の不倫が発覚すると、妻は「私への気持ちが冷めたからでは?」と受け止めがちだと思います。

 

しかし、上記のように、「妻を愛しているけど、素直に寂しいと言えないがために不倫をする」ケースも多いのです。

 

 

とはいえ、「寂しいから不倫をしました」は許される話ではありません。

 

「弱い男と思われたくない」「傷付きたくない」という気持ちは分かりますが、だからといって、不倫をして妻を傷つけて良いことにはならないからです。

 

夫が二度と過ち(不倫)を繰り返さないためには、なぜ自分は不倫をしたのか、夫が自分自身と向き合うことが欠かせません。

 

 

では、こういう夫に対して、妻としてできることはあるのでしょうか?

 

夫に寂しい思いをさせない妻になれば良い?

 

そのお気持ちは素晴らしいと思いますが、「全く寂しい思いをさせない」というのは少々ムリがありますね。

 

46時中そばにいることは物理的にムリなので、妻としてできることの範囲を超えています。

 

それに、夫が寂しいと思っているかどうかは、夫の様子を観察するだけでは判断がつきません。

 

 

素直に寂しいと言えずに不倫をしてしまう夫。

 

そういう夫に対して、妻としてできるのは、夫の考える「強さ」を修正してあげることです。

 

 

夫は、妻に寂しさを伝えることで、弱い男と思われるのを恐れていました。

 

その恐れの根底には、「寂しさ(気持ち)をさらけ出す=弱さ」という考えがあります。

 

 

確かに、寂しくてもガマンする「強さ」もあります。

 

しかし、寂しいとか辛いとか、自分の気持ちをさらけ出せるのもまた、「強さ」なのです。

 

自分の気持ちをありのままさらけ出せるのは、それだけ自分に自信がある証であり、他人の愛情を信じる力があるということです。

 

ですから、ありのままの気持ちをさらけ出せるのは、弱さではなく「強さ」なのです。

 

(少なくとも、私はそう考えています)

 

 

「強さにはガマンする強さもあれば、自分をさらけ出す強さもあるんじゃないかな?」

 

「私は、自分の気持ちをありのままさらけ出せる男性は強いと思うよ!」

 

 

妻であなたが、夫にそう言ってあげれば、夫の考える「強さ」を修正してあげることができます。

 

そうすれば、夫も自分の気持ちをさらけ出しやすくなります。

 

結果として、「素直に寂しいと言えずに不倫をする」といった事態を繰り返さなくて済むようになるはずです。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ