不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

夫が夢中になっているのは不倫相手の女ではなく、××である。

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

不倫をしている夫から、「彼女こそ運命の人」「彼女はオレのことを何でも分かってくれる」などと言われてしまうことがあります。

 

これは大変ショックな言葉ですし、「夫が相手の女にそこまで夢中なら、自分に気持ちが戻ってくることは無いのではないか」と、不安になる方もいるでしょう。

 

しかし、決して悲観する必要はありません。

 

夫が夢中になっているのは、不倫相手の女ではなく、「不倫の恋(不倫関係そのもの)」であるケースが多いからです。

 

 

不倫を恋と認めるかはさておき、夫が「恋をしている気分」になっているのは確かです。

 

人が恋をすると、PEA(フェニルエチルアミン)という脳内ホルモン(脳内麻薬)が分泌されます。

 

恋愛初期に感じるドキドキ感や高揚感は、このPEAの作用によるものです。

 

 

また、不倫という危ない橋を渡る者同士には、いわゆる「吊り橋効果」が働きます。

 

吊り橋効果とは、揺れる吊り橋を一緒に渡るなど、危険な状況を共にした男女は、吊り橋が揺れるドキドキ感を相手に対するドキドキ感と錯覚し、恋愛感情を抱きやすくなるというものです。

 

つまり夫は、不倫相手の女に夢中になっているというより、PEAや吊り橋効果による「不倫の恋(不倫関係そのもの)」に夢中になっているわけですね。

 

 

夫が不倫相手に全く魅力を感じていないとまでは言えなくても、不倫の恋による魔法で何倍も魅力的に見えていることは確かです。

 

ただ、魔法というのはいつまでも効果が持続するものではありません。

 

不倫の恋による魔法も例外なく、数年で徐々に効果が薄れていくものです。

 

魔法の効果が薄れたとき、夫は冷静になって自分の周囲を見つめ直します。

 

そのとき、「運命の人」は不倫相手の女などではなく、「妻であるあなた」であることに気付くはずです。

 

しょせん、不倫相手の女は、不倫のドキドキ感や刺激を味わうために、夫を利用していたに過ぎないのですからね。

 

 

実際に、不倫をやめた夫からの相談では、

 

「どうしてあんな女に夢中になっていたのか。自分はどうかしていました」」

 

「今になって、あの女の本性が分かりました」

 

といったセリフをよく聞きます。

 

 

魔法にかかった夫の発言・態度を真に受ける必要はありません。

 

悲観せずにこの状況を乗り越えて行きましょう。

 

 

電子書籍「不倫をする夫の心理がわかる本」では、夫が不倫相手をどう思っているか?について、第2章で解説しています。

 

よろしければ参考にしてみてください。

 

第2章1.夫が不倫相手に選ぶ女性のタイプ

 

第2章2.不倫相手のことを手放しでほめる夫の心理

 

第2章3.不倫恋愛を本気だと言い張る夫の心理

 

第2章4.不倫相手とラブラブのLINE・メールをする夫の心理

 

第2章5.不倫相手への慰謝料請求を嫌がる夫の心理

 

第2章6.不倫相手のH動画や写真を取っておく心理

 

第2章7.風俗にハマる夫の心理

 

第2章8.避妊せずに不倫相手と行為に及ぶ夫の心理

 

第2章9.夫が不倫相手に冷めるのはどんなとき?

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 

 

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ