不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

夫への依存度チェック

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫婦間において、お互いに依存し合うのは決して悪いことではありません。

 

しかし、夫に過度に依存していると、夫の不倫はなかなか解決しません。

 

なぜなら、依存し過ぎていると言うべきことが言えず(依存している人に嫌われると困るから)、不倫を止めてもらうための働きかけができないからです。

 

「いつかは不倫を止めてくれるだろう」「いつか私の気持ちを分かってくれるはず」と傍観するだけになってしまいます。

 

または、誤った対処(愛され妻になる努力など)をしてしまい、夫を調子づかせてしまいます。

 

 

夫の不倫を解決するには、妻が夫への過度の依存状態から抜け出すことが必要です。

 

まずは、夫に依存しすぎていないか、自らチェックしてみましょう。

 

下記の依存度チェックをお試しください。

 

(夫への依存度チェック)

 

1 夫の機嫌を損ねることがないよう、夫の意見に反対したり、自分の意見を言うことは控えている。

 

2 自分の気持ちや判断に自信がない。

 

3 夫に嫌われないようにするため、やりたくないことをやっている(やっていた)

 

4 夫のケータイ、スマホ、手帳などのチェックが止められない。

 

5 夫と自分は一心同体という意識が強い。

 

6 思春期以降、彼氏のいなかった期間は(ほぼ)無い。

 

7 過去に、前の彼氏と新しい彼氏との交際期間がかぶっていたことがある。

 

8 夫と離婚するつもりは一切ない。

 

9 夫には私を幸せにする義務があると思う。

 

10 「幸せになりたい」というより、「幸せにして欲しい」という意識が強い。

 

11 夫婦関係改善のため、夫にして欲しいことはいくらでも思い浮かぶが、自分がどう働きかけていきたいかは思い浮かばない。

 

12 私がいないと夫はダメになると思う。

 

13 この人(夫)を私が変えてみせる!という思いで結婚した。

 

 

上記13項目のうち、7つ以上当てはまるようなら、夫に過度に依存している可能性があります。

 

「私は夫に少し依存し過ぎているかも・・」と気付けた方は、それだけで大きな前進です。

 

次は、夫への依存心を少しずつ手放していき、依存と自立のバランスを取ることを意識すると良いでしょう。

 

依存と自立のバランスが取れてくると、夫の不倫に適切に対処出来るようになっていきますよ。

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ