不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

夫の不倫は、「責める」より「頼む」方が解決しやすい

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

不倫をした夫を責めても、不倫をやめさせるのは難しいものです。

 

それはナゼかと言いますと、「人は攻撃されると防御する」ものだからです。

 

 

「不倫なんて最低な人間のやることよ!」

 

「人を裏切ってよく平気でいられるわね!?」

 

「子供の父親として自覚はあるの!?」

 

↑このように夫を責めて(攻撃して)も、夫は防御をしてきますので、不倫を止めさせることはできません。

 

夫の防御とは具体的に次のようなものです。

 

・逃げる(黙り込む、自分の部屋にこもる、家を出るなど)

 

・自己正当化(仕事のストレスで仕方なかった)

 

・責任転嫁(「お前の感謝が足りないから不倫した」など)

 

・キレる(DV、物に当たる、大声を出して威嚇する、罵声をあびせる)

 

・離婚を切り出して妻を黙らせようとする

 

夫が自己主張の苦手なタイプだと、妻の言うことに逆らえずに不倫を止めることはあります。

 

しかし、納得して止めたわけではないので、再発することが多いです。

 

 

不倫をされた妻が夫を責めるのは、ある程度仕方のないことです(特に不倫発覚直後)

 

時に、夫を責めることで怒りを吐き出すのも大切です。

 

ただ、夫婦関係の改善を望むのであれば、延々と責め続けるのは考えものです。

 

前述のように、夫を責めるだけでは、不倫を止めさせることはできないからです(止めさせられても再発の危険が高い)

 

 

では、夫に不倫を止めてもらうには、どうすれば良いのでしょうか?

 

 

答えは、夫に不倫を止めてもらうよう頼むということです。

 

不倫を「やめさせる」のではなく「やめてもらう」のです。

 

 

夫を責めるのではなく、「不倫を止めてほしいと理由と気持ち」を伝えて、不倫を止めてくれるように頼むのです。

 

頼むといっても、低姿勢での「お願い」ではありません。

 

対等な立場で、夫婦関係を改善していくための依頼です。

 

 

夫からすると、責められているわけではないので、防御態勢を取ることなく、妻の頼みを受け止めて考える余裕がでてきます。

 

結果的に、不倫をやめることについて、前向きな返事を引き出しやすいのです。

 

 

「不倫は夫が自ら率先して止めるのが当然!、頼むなんておかしい!」と思われるかも知れません。

 

確かに、夫が率先して不倫を止めるに越したことはありません。

 

しかし、現状の夫はそれが出来ないわけです。

 

現状の夫に出来ないことを期待し続けていると、イライラやストレスはたまる一方です。

 

それより、アプローチの仕方を変えることで、一日も早く不倫を止めてもらった方が良いと思いませんか?

 

 

あなたの目的が不倫をした夫への復讐のみなら、責めたいだけ責め続けて構いません。

 

復讐より、「夫の不倫を解決して夫婦関係を改善する」のが目的なら、責めるよりは「頼む」方が効果的ということです。

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ