不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

夫の不倫・貴女はもっと怒って良いのです。

不倫問題カウンセラーの花田です。

 

夫の不倫は妻であるあなたに対する裏切りです。

 

妻として母として、毎日一生懸命やってきたあなたを否定する行為です。

 

女性としての存在価値を否定されたように感じる方もいるでしょう。

 

 

これだけ酷いことをされたのですから、妻であるあなたが怒るのは当然のことです。

 

しかし、不倫をされた妻の中には、夫への怒りを表現するのをためらう方が少なくありません。

 

あなたが怒りを表現するのをためらっているとしたら、「怖い女と思われて、夫が離れて行ったらどうしよう」という不安があるからかも知れませんね。

 

しかし、「怒ったら怖い」のもあなたの一面です。

 

 

仮に、あなたの怖い一面を見ただけで離れていくよう夫なら、不倫からの夫婦関係修復は困難です。

 

そういう夫とやり直すには、あなたが怒りを抑えて「穏やかで優しい妻」を演じ続けて行かなければなりません。

 

果たして、今の夫との結婚生活は、そこまで無理をして続けるべきものでしょうか?

 

 

あなたの怒りに触れて夫がどう思うかは夫の自由であり、あなたがコントロールできるものではありません。

 

夫がどう思うかを心配するより、まずは自分の気持ちを素直に表現することを優先しましょう。

 

 

怒りを表現するのをためらうのには、もう一つ、「怒るのはよくないこと」という思い込みがあるからかも知れません。

 

怒りの感情にはネガティブなイメージがあります。

 

そのため、怒っている自分に罪悪感を感じたり、自己嫌悪に陥り、怒りを無理に封じ込めようとしてしまうわけです。

 

 

しかし、怒りも元々人間に備わっている感情ですから、否定する必要はありません。

 

また、怒りの感情は、自分を守るための危険信号としての役割も果たしています。

 

「怒るのは良くないこと」という思い込みは正しいものではありませんので、意識して手放すようにしましょう。

 

 

あなたは、夫への怒りを表現するのをためらう必要はありません。

 

あなたはもっと怒って良いのです。

 

怒りをため込み過ぎないで、なるべく早いうちに適切に表現するようにしてくださいね。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ