不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

妻にバレたらすぐに不倫をやめる夫とやめない夫の違い

不倫がバレたらすぐにやめる夫の心理

 

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

不倫が妻にバレた瞬間、すぐに不倫をやめる夫もいます。

 

その一方、「別れる」と言いながら、ウソをついて不倫を続ける夫もいます。

 

妻にバレたらすぐに不倫をやめる夫とやめない夫は、何が違うのでしょうか?

 

 

その大きな違いの一つが、「妻や家庭を失うかも知れない」という危機感の有無です。

 

 

すぐに不倫をやめる夫は、不倫をしている間、「妻にバレなければ平気」と思っていたのでしょう。

 

ただ、「妻にバレたらヤバい(最悪離婚になるかも)」という危機感も同時に持ち併せていたのでしょう。

 

そのため、不倫がバレた瞬間、その危機感を強く感じ、不倫をすぐにやめる選択をしたわけです。

 

夫のアタマの中では、「不倫相手への未練」とか、「密かな楽しみを手放すのが惜しい」とか、そんな気持ちよりも、危機感の方が勝っていたということです。

 

 

「妻にバレなければ良い」という考えはふざけていますが、最低限の危機感があるだけ、まだマシだと言えます。

 

(私のカウンセリング経験上、不倫をすぐにやめる夫は、不倫後の妻とのやり直しにも努力をする方が多いです)

 

 

不倫がバレてもすぐにやめない夫の心理

 

一方、不倫がバレてもすぐにやめない夫は、「妻や家庭を失うかも知れない」という危機感が決定的に欠けています。

 

危機感がないので、不倫がバレてもウソをついたり、のらりくらりと妻の追及をかわしたりして、不倫を続けようとするのです。

 

こういう夫は、「不倫がバレなければ大丈夫」どころか、「不倫がバレたけど、まだ大丈夫」という感覚でいるわけです。

 

この危機感の欠如ぶりには驚かされます。

 

 

※夫が危機感を感じないのは、想像力の不足などが原因です。

 

夫が危機感を感じない理由は、「不倫をする夫の心理がわかる本 第3章2.夫が不倫をやめない理由〜妻や家庭を失う危機感を感じていない」で詳しく解説しています。

 

 

夫が危機感を感じていない場合

 

夫が危機感を感じていないのであれば、妻が危機感を与えてやるしかありません。

 

すなわち、「このまま不倫を続けていると、妻や家庭を失うことになる」と警告するのです。

 

「今すぐ不倫をやめないと、あなたを受け入れられなくなる」と、夫の危機感をあおっていくのです。

 

 

「妻や家庭を失っても構わない」という覚悟で、不倫をしている夫は少数派です。

 

ですから、妻や家庭を失う危機感を強く感じるようになれば、夫は不倫をやめる方向に傾くはずですよ。

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ