不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

夫の不倫から立ち直るとは、●●●を取り戻すことである

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

「オレは結婚してからも浮気をするから」と宣言して結婚する男性はまずいません。

 

ほとんどの男性が「絶対君を幸せにするから」「一緒に幸せになろうね」などと言って結婚しているはずです。

 

女性もその言葉を信じて結婚するのですから、夫の不倫はまさに裏切りだと言えます。

 

人から裏切られるほど辛いものはありません。

 

信頼している人からの裏切りならなおさらです。

 

夫の不倫が発覚すると、「もう誰も信じられない・・・」という気分になることがあります。

 

カウンセリングの相談者さまの中には、「夫といると、まるで泥棒と一緒に暮らしている気分になってしまう」と仰る方もおられました。

 

こんな気分になるのは、夫という最も信頼している人から裏切られたことで、夫のみならず、人全体に対する信頼感が損なわれてしまったからです。

 

私たちは人への信頼感があるからこそ、毎日を安心して過ごすことができます。

 

逆に、人を全く信用できなくなると、常に不安と警戒心でピリピリして過ごすことになってしまいます。

 

こんな毎日は辛いですし、身体的にも「不眠」「食欲不振」などの症状が現れることも多いです。

 

 

また、夫の不倫によって、自分への信頼感を失うこともあります。

 

これまでは「まあ、自分は妻として母親として良くやってるよね」と思っていたのが、夫の不倫で一気に覆されてしまうからです。

 

夫の不倫という事態を招いてしまった自分、夫の不倫に気づかなかった自分に対して、「私はなんてダメなんだろう」と自己否定してしまうんですね。

 

 

このように、夫の不倫で人も自分も信頼できなくなってしまうと、「もう立ち直ることなどできない」と絶望感を感じてしまうこともあります。

 

そんなときは、ムリに自分を鼓舞する必要はありません。

 

「こんなときは絶望しても仕方ない」と思っておけば良いのです。

 

 

では、夫の不倫から立ち直るには、どうすれば良いのでしょうか?

 

そのカギは、損なわれた信頼感を取り戻していくことにあります。

 

辛い気持ちを人に聞いてもらって、「大変だったね」「その気持ちわかるよ」などと共感してもらえると、人への信頼感は徐々に戻ってきます。

 

(逆に「あなたにも原因があった」「それくらいガマンしたら」などと言われると、信頼感はますます損なわれてしまいます)

 

夫への信頼感も、「夫が辛い気持ちを分かってくれた」と感じることで、少しずつ取り戻していくことができます(そのためにも、夫に辛い気持ちを訴えることが大切なのです)

 

 

自分への信頼感を取り戻すには、夫の不倫を客観的に見つめ直すことが必要です。

 

夫の不倫の原因は、ほとんどが夫自身の内面にあります。

 

妻との関係性は決定的な要因ではありません。

 

つまり、どんなに良い奥さんであろうと、不倫する夫は不倫をするということです。

 

 

夫の不倫発覚後、少し気持ちが落ち着いてくると、夫の不倫を客観的に見つめ直すことができるようになります。

 

夫の不倫を客観的に見つめ直すと、「わたしにも至らないところはあったけど、それで不倫をするのは夫の心の問題が大きいのでは?」と分析できるようになります。

 

そうすれば、「私はそんなに悪くないよね」と自分を肯定できるようになり、自分への信頼感も戻ってきます。

 

 

夫の不倫から立ち直るには、相応の時間と信頼感を取り戻すプロセスが必要ということですね。

 

この機会に「信頼感を取り戻す」というキーワードだけでも覚えておいてくださいね。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ