不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

不倫がバレたときの夫の反応5パターン

不倫問題カウンセラーの花田です。

 

妻に不倫がバレたときの夫の反応は、大きく分けて下記5つのパターンに分かれます。

 

 

1.不倫を反省して謝る

 

妻の悲しみや怒りに触れて、「俺はなんてことをしてしまったのか・・・」と、不倫を心から反省し、妻に対して謝罪します。

 

不倫を心から反省し、謝罪できるタイプの夫なら、夫婦関係修復の見込みは十分あります。

 

夫が心から反省しているかどうかは、夫のその後の態度・言動を見ていると分かります。

 

心から反省していない夫の場合、「反省のポーズ」は長続きしないからです。

 

 

2.黙る、話し合いを避ける

 

妻が不倫について話し合おうとしても、黙り込んだり、話し合い自体を避けようとします。

 

「またその話か、いい加減にしろ!」と逆ギレして妻に話をさせないようにするのも同じことで、不倫という問題にまともに向き合おうとしません。

 

不倫問題に向き合おうとしない夫の心理は次のようなものです。

 

●ほとぼりが冷めるまで逃げ回っていれば、そのうち妻も諦めるだろう。
●適当にやり過ごして、何事も無かったかのようにやり直したい。
●話し合いをして妻から責められたくない。
●不倫をはっきり認めると妻を傷つけてしまうし、離婚されるかも知れない。はっきり否定すると、証拠が出てきたときにマズイ。だから、何を言われても黙っておこう。

 

夫が自分のしたことに向き合おうとしない限り、真の意味でのやり直しは困難です。

 

夫に、自分のしたことの責任を取れる人間になってもらうよう、継続的に働きかけていくことが必要でしょう。

 

 

3.不倫を認めない

 

妻から不倫の証拠を突きつけられても、不倫の事実を認めようとしません。

 

不倫の事実を認めない夫の心理は次のようなものです。

 

●不倫を認めない方が、妻を傷つけずに済む。
●正直に認めると、妻が許してくれないかも知れない。
●不倫を否定していれば、責任を取らなくて済む。
●不倫相手に迷惑をかけたくない。
●徹底的に否定していれば、そのうち妻も追及をあきらめるだろう。

 

同じ「不倫を認めない」でも、妻とやり直したい(家庭を失いたくない)から不倫を認めない場合と、不倫の責任を取りたくない(不倫を続けたい)から不倫を認めない場合とに分かれます。

 

後者の場合は、不倫が水面下で続く可能性が高いと言えます。

 

 

4.不倫を認めて開き直る

 

不倫を認める点では1と同じですが、反省しない、謝罪しないという点で異なります。

 

不倫を認めて開き直る夫の心理は次のようなものです。

●不倫を妻のせいだと思っている(妻に不満があったから不倫をした)
●悪いとは思っているが、素直に謝ることができない。
●不倫に罪悪感を感じていない。
●不倫を認めても妻は許してくれるだろう。

 

こういうタイプの夫は、心のクセが強く(思い込みや被害妄想が激しい、非主張的で不満を溜めやすい、子供っぽい、想像力や柔軟性に欠けるなど)、付き合うのに苦労させられます。

 

 

5.離婚を切り出してくる

 

不倫発覚と同時に離婚を切り出してくる夫もいます。

 

すでに別れを決意していた可能性もありますが、多くの場合、不倫の話し合いで優位に立つための揺さぶりです。

 

「妻は離婚されたら困るだろう」「だから、離婚という言葉を出せば、不倫のことをうるさく言ってこないはずだ」と、妻の足元を見ているわけです。

 

また、「不倫の加害者」でいることに耐え切れず、今の結婚生活から逃れたい一心で離婚を切り出してくる夫もいます。

 

 

夫のよくある反応への対処法

 

夫の不倫に適切に対処するには、夫の反応を予測しておき、対処法を知っておくことが重要です。

 

電子書籍「夫の不倫対処マニュアル」第3章では、不倫がバレた夫の、「よくある反応」と「その対処法」について解説しています。よろしければ参考になさって下さい

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ