不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

夫の不倫とうつ病

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

不倫をする男性の中には、うつ病にかかっている人もいます。

 

※うつ病の詳細はこちら(厚生労働省HP)

 

 

うつ病の治療のため病院に通ったり、抗うつ薬を飲んだりするのは、自分の弱さを認めているようでイヤな感じがします。

 

その点、外で妻以外の女性とセックスをすることは、「男らしく」感じます。

 

そうした心理から、うつの嫌な症状を紛らわすため、不倫(セックス)に走るというわけです。

 

実際、不倫をするとPEA(フェニルエチルアミン)などの脳内麻薬が放出されますので、気分が高揚し、一時的にうつが改善したかのように感じます。

 

しかし、不倫でうつを紛らわしていると、いつまでも不倫を止められなくなってしまいます。

 

不倫を止めるとうつ状態に戻ってしまうからです。

 

極端な場合、特定の相手との不倫では飽き足らず、相手(風俗も含む)を次々と変えるセックス依存症に陥ることもあります。

 

 

うつ病が不倫・セックス依存のきっかけであれば、適切な治療(投薬、認知行動療法など)により、不倫・セックス依存自体も改善が期待できます。

 

夫がいくら言っても不倫を止めない場合や、セックス依存症に陥っている場合は、うつ病の可能性を疑ってみましょう。

 

 

夫の不倫には、うつやセックス依存以外にも、障害(アスペルガー、自己愛性人格障害)が影響していることもあります。

 

電子書籍「不倫をする夫の心理がわかる本」では、病気や障害を持つ夫との向き合い方について解説しています。

 

よろしければ参考にしてみてください。

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ