不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

不倫した夫のご機嫌を取る必要はありません

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

不倫継続中(または不倫相手と別れたばかり)の夫というのは、大抵家庭の雰囲気を悪くします。

 

あからさまに不機嫌そうな顔をしていたり、イライラしてすぐにキレたりするからです。

 

自分の不倫を棚に上げて、「この家にいるとくつろげない」などと言う夫もいます。

 

夫が家にいると雰囲気が悪くなるので、最近は夫がいない方がホッとする・・という方もおられるでしょう。

 

夫が家にいない方がホッとするというのは、夫に必要以上に気を使っている証拠でもあります。

 

 

そもそも、夫の感情は夫自身のものですから、妻が責任を感じる必要はありません。

 

夫は自分が不倫をしているせいで、勝手に家の居心地を悪くして、勝手に機嫌を悪くしているだけです。

 

妻は何一つ悪くないのですから、妻が夫の機嫌を取ってあげる必要はありません。

 

 

元々人に気を使い過ぎるタイプの方は、夫の不倫で自分が傷ついている状態でも、夫に気を使って疲れてしまうことがあります。

 

それでは、心が疲弊するばかりですし、夫も妻の気遣いに甘えて調子に乗ってしまいます。

 

夫は自分の都合で不機嫌になっているだけですから、妻としては放っておいて良いのです。

 

夫は夫、自分は自分で、気分よく過ごして良いのです。

 

妻が気を使わなくても、そのうち夫は自分の都合で機嫌を直すものですよ。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ