不倫をホンモノの恋愛と勘違いしてしまう理由(吊り橋効果)

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

吊り橋効果とは、揺れる吊り橋を一緒に渡るなど、危険な状況を共にした男女は、吊り橋が揺れるドキドキ感を相手に対するドキドキ感と錯覚し、恋愛感情を抱きやすくなるというものです。

 

吊り橋効果は、カナダの心理学者であるダットンとアロンにより、1974年の実験で証明されました。

 

 

不倫をホンモノの恋愛と勘違いしてしまうのは、この吊り橋効果の影響もあります。

 

不倫関係は、配偶者などにバレるとマズい「危険な関係」です。

 

 

不倫関係にある男女は、不倫という危険な関係にあることで、「バレたらどうしよう」「いけないことをしている」というドキドキ感を共有しています。

 

そのドキドキ感を相手に対する恋愛感情と錯覚し、不倫をホンモノの恋愛と勘違いしてしまうのです。

 

 

不倫をしている夫が、不倫相手に夢中になっていても、それはホンモノの愛情ではなく、吊り橋効果による錯覚である可能性が高いです。

 

「君よりも不倫相手の方を愛している」などと言われても、それは吊り橋効果の作用であり、必ずしも慌てる必要は無いということです。

 

※不倫恋愛を本気だと言い張る夫の心理については、「不倫をする夫の心理がわかる本 第2章3でも詳しく解説しています」

 

 

 

夫の不倫解決に役立つ電子書籍3部作(累計販売数700冊突破!)

 

当事務所では、夫の不倫を解決するために役立つ電子書籍を3種類販売しております。

 

おかげさまで累計販売数は700冊を超えております。

 

・カウンセリングを受けるのは抵抗がある方

 

・まずは誰にも知られず、自分で夫の不倫に対処したい方

 

・不倫後、妻とやり直すために必要な知識を身に着けたい方

 

電子書籍はこのような方に特にお勧めです。

 

夫の不倫解決、不倫が終わって妻とやり直すために、ぜひ電子書籍をお役立てください!

 

電子書籍「不倫をする夫の心理がわかる本」

 

電子書籍「不倫をする夫の心理がわかる本」

 

本書は、不倫をする夫の心理や本心を解き明かし、わかりやすく解説した1冊です。

 

電子書籍「夫の不倫対処マニュアル」

 

電子書籍「夫の不倫対処マニュアル」

 

夫の不倫対処マニュアルでは、夫の不倫に適切に対処する方法を、具体的かつ分かりやすく解説しています。

 

電子書籍「不倫を反省して妻とやり直したい夫のための本」

 

電子書籍「不倫を反省して妻とやり直したい夫のための本」

 

本書では、「不倫後のやり直しのために必要なこと」「夫が果たすべき役割」「やってはいけない言動」などを分かりやすく解説しています。

 

 

不倫問題カウンセラー 花田好久へのご相談はこちら

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 

カウンセラー花田へのご相談はこちら(夫の不倫・浮気を解決するためのカウンセリング)

 

無料メルマガ「不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ」