不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

不倫・浮気の証拠を突き付ける効果的なタイミングとは?

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

あなたが夫の浮気に気づいていて、裏付けとなる証拠も確保しているとします。

 

夫に浮気を認めさせて、反省・謝罪をしてもらいたいとすれば、証拠を突きつけるタイミングも重要です。

 

なぜなら、夫のタイプ・性格によっては、浮気の証拠を突きつけられても、「ウソをつく」「とぼける」「有り得ない言い訳をする」「逆ギレをする」などして、証拠の効果が十分に発揮されない場合があるからです。

 

では、どのようなタイミングで証拠を突きつければ、夫に浮気を認めさせて反省を促すことができるのでしょうか?

 

 

不倫・浮気の証拠を突き付ける効果的なタイミングとは、「夫が浮気を否定するウソをついた直後」です。

 

まずは証拠を示さずに浮気をしているかどうかを尋ねます。

 

(ここで正直に浮気を告白するようであれば、証拠を突き付ける必要はありません)

 

夫が浮気を否定するウソをついたり、ごまかしたり、言い訳をするようであれば、その話をしばらく聞いてから、「今の話に間違いはないか」念押しをします。

 

夫が「間違いない」と答えたら、そのときが浮気の証拠を突き付けるタイミングです。

 

 

散々ウソをついた直後に動かぬ証拠を突きつけられるわけですから、夫としてはもはやグウの音も出ないことでしょう。

 

 

浮気の証拠を掴むには、かなりの労力や神経を使います。

 

探偵会社・調査会社に浮気調査を依頼すれば、数十万単位の調査費用がかかることもザラです。

 

苦労して掴んだ証拠ですから、できるだけ効果的に利用して頂きたいと思います。

 

 

※この方法は夫にかなりの敗北感を与えます。場合によっては、敗北感が妻への反発に変わり、夫婦関係修復のマイナス要因となる恐れもあります。よって、夫がどうしても浮気を認めないようなケースや、離婚を決意している場合に限って利用することをお勧めします。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ