不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

夫に不倫の事実を指摘すべきか、知らないふりをしておくべきか?

不倫問題カウンセラーの花田です。

 

あなたが夫の不倫に気付いたとします。

 

まず悩むのが、夫に不倫の事実を指摘すべきか、それとも知らないふりをしておくべきか?だと思います。

 

夫に不倫の事実を指摘するとどうなるでしょう?

 

素直に不倫を認めて謝ってくれる可能性もあれば、ネガティブな反応(否定されてかわされる、逆ギレされる、責任転嫁される、離婚を告げられる等)を返してくる可能性もあります。

 

不倫の事実を指摘することで、良い結果が出ることもあれば、そうでないこともあります。

 

どちらの結果になるかは、やってみないと分かりません。

 

 

それでは、知らないふりをしておくとどうなるでしょう?

 

知らないふりをしておけば、前述のようなネガティブな反応は避けられます。

 

楽観的に考えれば、知らないふりをしているうちに、不倫が自然消滅(不倫相手から別れを告げられるなど)する可能性もありますね。

 

ただ、知らないふりをしていると、次のような事態を招く恐れがあります。

 

●夫の気持ちが完全に不倫相手に傾いてしまう。
●妻に自分のことを気にかけて欲しくて不倫をしたのに、気づいてくれなくて失望する。
●不倫相手が妊娠してしまう。
●不倫相手の執着が激しくなって、別れるのが困難になる。

 

このような事態に至ってしまうと、夫との夫婦関係修復は難しくなってしまいます。

 

「知らないふり」はリスクがあまりにも大きすぎるのです。

 

やはり、不倫に気づいたら、勇気を出して早めに事実を指摘する方が良いでしょう。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ