不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

夫婦関係修復〜犠牲心の強い妻が陥りやすいパターンとは?

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

犠牲心が強く、自分のことより常に夫・子供を優先するタイプの方は、とても愛情深い女性なのだと思います。

 

古き良き日本のお母さんタイプともいえますね。

 

 

犠牲心の強い妻は、夫婦関係修復の場面において陥りやすいパターンがあります。

 

それは、「私さえ我慢すれば夫婦関係は元通りになる」「夫婦関係が上手くいかないのは私の努力が足りないからだ」など、自己犠牲的な考え方・行動をしてしまうことです。

 

例えば、夫の浮気で悩んでいるとします。

 

この場合、犠牲心の強いタイプの妻は、夫を問い詰めて浮気を止めさせようとはしません。

 

浮気を見て見ぬふりをし、夫の過ごしやすい家庭環境を作ろうとします。

 

「夫にとって居心地の良い家庭を作れば、夫は自然と家に戻ってくる」という考え方で修復をしようとするわけです。

 

確かに、このやり方なら、自分だけが努力すれば済みますし、夫の気分を害する恐れもありません。

 

しかし、夫が浮気しているのを分かっていて、いつもニコニコ笑顔で接するのは辛くないでしょうか?

 

「顔で笑って心で泣いて」を続けていると、心にダメージが蓄積されていきます。

 

ダメージが蓄積された心はいつ壊れるか分かりません。

 

 

自分だけが我慢をして夫婦関係が元通りになっても、それは表面上のことに過ぎません。

 

夫婦間の問題は、程度の差こそあれ、夫婦双方に原因があります。

 

夫の浮気では、夫に全ての責任と原因があります。

 

それなのに、夫は何も反省せず、妻が陰で涙ぐましい努力をしているのも気付かないままでは・・・

 

また浮気を繰り返す可能性も否定できません。

 

 

夫婦問題で生じた亀裂は、夫婦双方が修復の努力をすることが必要です。

 

お互いの努力による修復は本物ですから、再び夫婦問題が繰り返される可能性も低いでしょう。

 

お互いの努力と理解で夫婦問題を乗り越えたことで、夫婦の絆も強くなっているはずです。

 

 

夫婦関係修復の場面では、自分だけが我慢をするのではなく、夫にも要望や直して欲しいことを伝え、一緒に努力をして頂きたいと思います。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ