不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

夫が怖くて「不倫を止めて」と言えない・・・

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫に不倫を止めてもらうためには、何よりもまず「不倫はイヤだから止めてほしい」と伝えることが必要です。

 

しかし、夫から怒鳴られたり、威圧的な態度を取られるのが怖くて、上手く伝える自信が無い方も多いようです。

 

不倫など、自分の都合の悪い話になると、「怒鳴る」「威圧的な態度を取る」「大きな物音を立てる」などして、相手にそれ以上話を続けさせないようにする。

 

これは男性に多いタイプです。

 

彼らは強気の態度で優位に立っているように見えますが、要は、自分の行動に責任を取ることができず、逃げ回っているだけです。

 

彼らは強くもなんともありません。

 

自分のしたことの責任を問われるのが怖くて、パートナーときちんと向き合うことすら出来ないのです。

 

まさに「弱い犬ほどよく吠える」です。

 

 

上記のような見方をすることで、夫に対する恐怖心をいくらか和らげることができるはずです。

 

それでも怖いと感じるときは、その都度率直に「そんなに怒鳴られると怖いから止めて」と伝えましょう。

 

怖い気持ちを覆い隠すために怒鳴り返すより、率直に怖い気持ちを表現する方が、怒鳴るのを止めてもらいやすくなります。

 

率直に気持ちを伝えても怒鳴るのを止めないようであれば、その時点で話し合いを打ち切り、次の機会に再トライしましょう。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ