不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

離婚を恐れる妻の姿勢が、浮気夫を増長させる。

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫が浮気を止めないのには、「何があっても離婚だけは絶対に避けたい」という妻の姿勢が影響していることがあります。

 

離婚にはまだまだネガティブなイメージ(離婚=不幸、失敗、世間体が悪い等)がつきまとっています。

 

また、女性にとって、子供を抱えての離婚は生活面の不安が大きいですし、1人になるのが不安という方も多いと思います。

 

そうしたイメージや不安のため、離婚に過度の恐れを抱いてしまう場合もあると思います。

 

 

妻が口には出さなくても、夫は妻の離婚を恐れる気持ちを敏感に感じ取ります。

 

そして、「何があっても妻は離婚できないだろう」と、妻のことをナメてしまいます。

 

 

これでは、いくら妻から浮気を止めるよう言われても、夫は浮気を止めることはありません。

 

浮気をしても妻は離婚できないので、夫の側からすると「離婚で妻や家庭を失う」恐れが無いのですから。

 

 

人間弱いもので、何かを失うリスクが無ければ、誘惑に打ち勝てない面があります。

 

夫としては、妻や家庭を失うリスクが無ければ、浮気という誘惑にズルズルと負けてしまうわけです。

 

 

このように、離婚を過度に恐れる妻の姿勢が、浮気夫を増長させてしまうことがあります。

 

 

何度言っても浮気を止めない夫に浮気を止めてもらうには、最終的には「浮気を止めなければ離婚する」と毅然とした姿勢を示すことが必要になってきます。

 

妻の覚悟が伝われば、夫は「浮気を止めないと妻と家族を失うかも知れない・・・」と考えるようになります。

 

夫にそこまで考えさせることができれば、浮気の対処としては十分です。

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ