不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

どんな対処法を試しても夫の不倫が改善されない・・・

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

ネットで不倫を止めてもらうための対処法や解決策を探し回ったり、カウンセリングでアドバイスを受けるなどしている。

 

しかし、どんな対処法を試しても、夫の不倫が改善(不倫を止める、回数や頻度が減少する)されない・・・。

 

このように、一生懸命努力をしているのにも関わらず、結果が伴わないのは大変辛いものです。

 

あなたが様々な対処法を試しても改善が見られないのには、次のような理由が考えられます。

 

 

@対処法自体に問題がある。

 

当然のことですが、実践している対処法自体に問題があると、夫の不倫は改善されません(「不倫を見て見ぬふりをする」「良い妻を演じる」など)

 

不倫を見て見ぬふりをしておけば、夫婦関係の当面の破たんは避けられます。

 

しかし、それは問題の先送りに過ぎないばかりか、見て見ぬふりをしている内に、不倫が取り返しのつかない状態まで進行する恐れもあります。

 

また、「良い妻を演じる」など、妻に一方的な自己犠牲を強いる方法も問題です。

 

不倫をしているにも関わらず、妻がニコニコ笑顔で接してくるのであれば、夫は不倫を止める理由がありません。

 

 

→対処法自体に問題がある場合、対処法を変えることが必要です。

 

※夫の不倫問題への適切な対処法は、夫の不倫対処マニュアルで詳しく解説しています。

 

 

A妻の心の傷が癒えていないため、対処法を継続することができない

 

どのような対処法でも、一定期間継続しなければ効果は上がりません。

 

しかし、妻の心の傷が癒えないままだと、対処法を継続する気力が続きません。継続できないので、改善効果が上がらないのです。

 

 

→まずは、不倫で傷ついた気持ちを誰かに吐き出すなど、心のケアを優先しましょう。

 

 

B対処法に心から納得していないため、継続できない

 

人は、自分が心から納得したことでないと、継続して実行することは困難です。

 

ネットで学んだ対処法や、カウンセラーなどからのアドバイスを納得しないまま試していても、継続することができず、改善効果が上がりません。

 

 

→納得のいかない対処法は実行しないことです。人からのアドバイス等を鵜呑みにするのではなく、自分が本当に納得した対処法を実行しましょう。

 

 

C不倫の"のぼせ"がピークに達している

 

不倫が始まって間もない時期で、不倫ののぼせがピークに達していると、妻がいくら働きかけをしても夫は耳を貸しません。

 

 

→時期を見計らって対処法を実行しましょう。不倫ののぼせがピークに達している時期を外せば、妻の声も耳に届きやすくなります。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ