不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

不倫を認めないのは妻のため?

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

不倫を認めない夫の中には、「不倫を認めると妻を余計に傷つけてしまう。だから、不倫は絶対に認めるべきではない」という信念を持っている方もいるようです。

 

では、不倫を認めない方が本当に妻のためになるのでしょうか?

 

 

確かに、不倫を認めなければ、事実はほぼ明らかであっても、心のどこかで「本当はしていないのかも」という希望が持てます。

 

ハッキリ認めてしまうと、そのわずかな希望も奪ってしまうことになります。

 

妻の受けるショックは大きくなるでしょう。

 

 

ただ、認めてくれたことで、その分妻は夫に思い切り感情をぶつけやすくなります。

 

つらい気持ちを吐き出すことで、心の回復も早くなります。

 

(夫に妻の気持ちを受け止める度量があることが前提ですが)

 

 

では、不倫を認めない場合はどうでしょうか?

 

ハッキリ認められるよりは、妻の受けるショックは小さいかも知れません。

 

しかし、認めてくれないと、妻としては感情を思い切りぶつけることができません。

 

夫から「絶対やってない」「お前の思い過ごしだ」などとかわされると、気持ちの持って行き場がなくなりますよね。

 

気持ちをしっかりと受け止めてもらえないので、いつまでもネガティブな感情がくすぶりつづけてしまいます。

 

 

また、「不倫という裏切りをしておきながら、その事実すら認めない」ということで、夫に対する不信感が倍増する場合もあります。

 

この不信感に悩まされている方も多いのです。

 

 

こうして比較すると、「不倫を認めない方が妻のためになる」とは、とても言い切れないことが分かります。

 

 

そもそも、不倫をした夫に妻が一番求めているものは何でしょう?

 

埋め合わせのためのやさしさや、ご機嫌取りなのでしょうか?

 

妻が求めているのはそんなものではなく、「ゴメン、俺が悪かった」の一言ではないかと思います。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ