不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

夫の不倫、自分で感じている以上に傷ついてることも

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

カウンセリングをしていると、「この相談者さまは、ご自分で感じている以上に傷ついておられるんだろうな」と感じることがあります。

 

一般に、女性は男性に比べて、自分の気持ちを把握するのは上手です。

 

そんな女性でも、夫の不倫という事態に直面すると、自分の気持ちをありのまま把握出来なくなることがあるんですね。

 

その理由として考えられるのは、その方の性格です。

 

物事に対処する際、自分の気持ちより人の気持ちを優先して考えるタイプの方や、自分の気持ちより論理的思考を優先させるタイプの方がいらしゃいます。

 

こういうタイプの方は、もともと自分の気持ち(感情)に対する関心が低いので、その分自分の気持ちを把握するのが苦手です。

 

そのため、夫の不倫という事態に直面しても、自分で自分の気持ちを十分把握することができないのです。

 

 

もう一つの理由は、「早く夫の不倫にケリをつけて、前向きに進んで行きたい」という思いです。

 

ネガティブな感情(怒り、憎しみ、憤り、悲しみ、喪失感、鬱々とした気分、自責の念etc...)を抱えている状況が辛いので、早くこの状況から抜け出したくなるんですね。

 

 

夫の不倫に対処する際、前向きな思考はとても大切です。

 

ただ、それと同時に、辛い気持ちや傷ついた気持ちをしっかりと感じることも大切です。

 

傷付いた自分の気持ちを十分感じずに前に進んでしまうと、「夫の不倫はもう過去のこと」と思っていても、鬱々とした気分や辛い気持ちがぶり返しやすくなるからです。

 

ネガティブな感情もしっかりと感じて味わい尽くす。

 

そうすれば、結果として心の回復も早くなります。

 

夫の不倫に対処する際は、「自分の気持ちをしっかりと把握できているか?」「自分の気持ちが置き去りになっていないか?」について、時折セルフチェックして頂ければと思います。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ