不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

不倫夫との別れを決断できない理由

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

いくら働きかけても不倫を止めないばかりか、反省のかけらもない夫A。

 

妻であるB子さんは、こんなヒドイ夫とは別れた方が良いと分かっています。

 

でも、B子さんはなかなか別れる決断ができません。

 

こうしたB子さんのようなケースでは、「決断できないのは、まだ夫に愛情を感じているからだ」と判断しがちです。

 

確かに、愛情も決断できない理由の一つだと思います。

 

しかし、別れを決断できないのは、ほかにも大きな理由があります。

 

その理由とは、「私は夫(パートナー)なしでは生きていけない」といった無意識下での思い込みです。

 

こうした思い込みが、別れる決断にブレーキをかけているのです。

 

 

自分で「私は夫なしでは生きていけません」などと自覚している方はいないと思います。

 

ただ、意識のレベルで自覚はしていなくても、無意識で上記のように思い込んでいることがあるのです。

 

※人間の心の領域は「意識」と「無意識」があり、無意識の方が圧倒的にパワーが強いとされています(比率は意識約3%、無意識約97%)

 

B子さんが別れる決断を下すためには、上記の思い込みを外していくことが必要です。

 

思い込みのブレーキを外せば、すんなりと決断を下すことができるでしょう。

 

 

思い込みを外す方法としては、下記のようなものがあります。

 

一つは、過去にさかのぼって、思い込みが誤りであると確かめることです。

 

過去にさかのぼって考えてみると、彼氏やパートナーがいないときも、それなりに幸せに生きていたことに気づくと思います。

 

だとすれば、「私は夫(パートナー)なしでは生きていけない」というのは、誤った思い込みに過ぎないということになります。

 

 

もう一つは、夫以外の人と飲みに行ったり、日帰り旅行をするなどして楽しんでみることです。

 

そうすれば、「夫がいないくても自分は楽しく過ごせるんだ」ということに気づきます。

 

この気づきが、「私は夫(パートナー)なしでは生きていけない」という思い込みを外すことに役立ちます。

 

 

誤った思い込みに縛られて、幸せになるための決断ができないのは残念なことです。

 

B子さんと同じように、「別れた方が良いと分かっているのに別れられない」という方は、ご自身に上記のような思い込みがないかチェックしてみてくださいね。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ