不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

離婚すると「子供から父親を奪うことになる」とお悩みの貴女へ

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

自分にとっては「良い夫」ではなくても、子供にとっては「良い父親」である場合、「離婚によって父子関係を変えていいものか?」という葛藤が出てくると思います。

 

離婚して母親が子供を引き取ると、必然的に子供と父親との距離は広がります。

 

子供が一時的に寂しい思いをするのは確かでしょう。

 

しかし、父子の交流を制限しなければ、子供が父親からの愛情を感じられる機会はあります。

 

離婚したからといって、「子供から父親を奪う」ことにはならないのです。

 

 

また、両親の不仲は、子供に次のようなネガティブな影響を及ぼします。

 

・子供に罪悪感(両親が不仲なのは自分のせいだと思い込む)を植え付ける。

 

・母親が父親のグチを言うと、子供は自分も否定されたような気分になる(子供は父親の血も引いているため)

 

 

子供の健全な成長のためには、ネガティブな影響を受けない環境(片親でも穏やかな雰囲気の家庭)の方が良い。

 

また、離婚しても子供から父親を奪うことにはならない。

 

このように考えてもらえれば、冒頭のような葛藤を整理しやすくなるでしょう。

 

 

離婚後の子供へのフォローとしては、「(子供の前では)父親の悪口を言わないこと」「離婚はあなた(子供)のせいではないと伝えること」をしていただきたいと思います。

 

母親がしっかりとフォローをしてあげれば、子供は必ず離婚に伴うショックを乗り越えられるはずですよ^^

 

〜離婚公正証書をご存知ですか?〜

 

離婚の際、離婚公正証書を作成しておけば、離婚後の支払い(養育費、慰謝料、財産分与、住宅ローン等)を確保しやすくなります。

 

⇒離婚公正証書について詳しく知りたい方は、離婚公正証書作成.netをご覧ください

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ