不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

夫の不倫が改善しないときに陥りやすい落とし穴

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫に「不倫を止めて」と、一生懸命働きかけている。

 

でも、夫は不倫を続けていて、態度や言動にも改善が見られない・・・。

 

このときに陥りやすい落とし穴が、「改善しない原因を自分に求めてしまうこと」です。

 

夫の不倫が改善しない原因を、「働きかけ方が悪いのかも」「私の努力が足りないせいだ」などと、自分に求めてしまうんですね。

 

 

確かに、「努力の方向性が間違っていないか?」自分でチェックするのは重要です。

 

また、1度や2度の働きかけで効果が上がらなくても、諦めずに努力を続けるのも大切です。

 

しかし、夫の不倫が改善しない原因を自分にばかり求めていると、自分を責めてしまい、ますます辛くなってしまいます。

 

そうなると、働きかけを続けるエネルギーも失われてきます。

 

まさに悪循環ですね。。。

 

 

この落とし穴にハマらないようにするためには、どうすれば良いのでしょうか?

 

まずは頑張っている自分を認めてあげることが大切です。

 

結果が出ていようと出ていまいと、あなたが一生懸命努力していることは確かです。

 

「私はよく頑張っていてエライ」と、自分で自分を褒めてあげましょう。

 

 

そのうえで、今の状況を客観的な視点から見つめ直してみましょう。

 

一歩引いて、第三者的な立ち位置から見つめ直してみるのです。

 

客観的な視点から見つめ直すと、「夫の不倫が改善しない原因は夫自身にあるのでは?」という可能性に気づくことができます。

 

・不倫にのぼせて聞く耳を持っていない

 

・優柔不断で止める決断ができない

 

・そもそも改善する気がない

 

実際、ほとんどの場合、上記のような夫側の問題で不倫が改善しないのです。

 

妻の努力の方向性が間違っているとか、努力が足りないとか、そういったことが原因であるケースは少数です。

 

 

原因が夫側にあるという可能性に気づくことで、いたずらに自分を責めずに済みます。

 

そうすれば、働きかけを続けるエネルギーも持続します。

 

また、夫の気持ちの変化や決断を見守る余裕も生まれてくるので、「待つべき時は待つ」ことも出来るようになります。

 

このように、根気よく働きかけを続けて、待つべきときは待てるようになれば、夫の不倫は解決に近づくことでしょう、

 

 

一生懸命努力をしていても夫の不倫が改善しないときは、自分に原因を求めるのではなく、自分の努力を認めつつ、客観的な視点から状況を見つめ直していきましょうね。

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ