不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

夫に働きかけるのはリスクを受け入れてからで良い

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫の不倫は、夫まかせにしているだけではなかなか解決しません。

 

どうしても妻からの働きかけが必要になります。

 

 

ただ、夫に不倫を止めてもらうよう働きかけるのは、それなりのリスクが伴います。

 

一時的に夫婦関係がギクシャクするかも知れませんし、夫からネガティブな反応(無視、逆ギレ、責任転嫁、離婚宣告など)が返ってくる可能性もあります。

 

こうしたリスクが現実化するのが怖くて、夫に働きかけるのをちゅうちょしている方もいるでしょう。

 

人間誰しも、危ない橋は渡りたくないものです。

 

危険を避けようとするのは人間の本能ですからね。

 

 

ですから、働きかけるのをちゅうちょしているとしても、そんな自分に「勇気がない」とダメ出しをする必要はありません。

 

今の自分をありのまま認めてあげましょう。

 

 

夫への働きかけは、中途半端にやってもあまり効果は上がりません。

 

恐る恐るやるよりは、何もしない方がマシな場合もあります。

 

 

とはいえ、何もしないまま夫の不倫を静観するのも、これはこれでキツイものがあると思います。

 

「いつまで静観していれば良いのだろう」と、焦る気持ちも出てきますよね。

 

 

でも、安心してください。

 

静観することにガマンができなくなれば、「リスクを受け入れてでも行動したい」と思う時が必ず来ます。

 

「もうどうにでもなれ!」と、ある種の開き直りの境地に達するんですね。

 

そうなったときの女性は本当に強いです^^

 

ですから、夫への働きかけを始めるのは、それからでも遅くありません。

 

 

実際、カウンセリングの相談者さまを見ていても、ガマンしてガマンして、ガマンが限界に達したとき行動を起こす方が多いですね。

 

夫に不倫を止めるよう働きかけるのは、リスクを受け入れてからで良いのです。

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ