不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

「不倫を止めて」と、自分から夫に働きかけるのが納得行かない。。。

不倫問題カウンセラーの花田です。

 

夫に不倫を止めてもらうには、妻からの働きかけが必要です。

 

何もせず待っているだけでは、夫の不倫はまず改善しません。

 

ただ、それは分っているけど、積極的に働きかける気になれないという方もいるでしょう。

 

 

夫への働きかけに積極的になれないのは、「悪いことをしたのは夫なのに、どうして私から努力をしないといけないの?」という、納得のいかない気持ちが根底にあるのだと思います。

 

 

その気持ちをもう一段掘り下げていくと、「未消化の怒り」と「損得勘定」に行き当たります。

 

本当は夫に怒りをぶつけたい。けど、ぶつけると夫がますます離れて行くかも知れない。

 

だから怒りを吐き出せず、未消化のままになっている・・・。

 

怒りをぶつけたい相手に、「不倫を止めて欲しい」と働きかける気にはなれないということですね。

 

 

自分から動くなんて損(勇気を出さないといけないし、波風が立つリスクもある)という「損得勘定」も、無意識のうちに働きます。

 

 

このように、「未消化の怒り」と「損得勘定」が、「納得の行かない気持ち」として感じられるため、夫への働きかけに積極的になれないわけです。

 

 

もし、今のあなたがそういうお気持ちであれば、今はそれで構いません。

 

怒りを感じるのも、損得勘定が働くのも、人間として当然のことなのですから。

 

それに、納得行かない気持ちのままでは、働きかけをしても効果はあまり期待できません。

 

夫への働きかけは、愛情をもって根気よく続ける必要があるからです。

 

 

今やるべきなの、怒りを吐き出していくことと、損得勘定について再考することです。

 

「怒りをぶつけたらどうなるか」より、「この怒りをぶつけたい、吐き出したい」という気持ちを大事にしてください。

 

 

損得勘定については、「確かに自分から動くのは損かもしれない。でも、何もせずにこの状態が続く方が、自分にとってマイナスではないか?」と考え直してみることです。

 

夫に「不倫を止めて」と働きかけをするのはそれからで良いのです。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ