不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

不倫をした夫の「話のすりかえ」に気を付けよう!

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

不倫が発覚した夫がよくやる手口に、「話のすりかえ」があります。

 

妻が夫の不倫を問い詰めていると、夫から「お前(妻)が●●だからオレは不倫をした」と反論されることがあると思います。

 

※ ●●には妻の落ち度(愛情が感じられない、気遣いが無い、家事がいいかげん等)が入ります。

 

夫が不倫の責任をどう取るか?という話が、いつの間にか不倫の原因についての話に変わっていますね。

 

これが「話のすりかえ」です。

 

 

夫が話のすりかえをするのは、不倫の責任をなるべく軽くしたいからです。

 

不倫は妻にも原因があると指摘して、妻に罪悪感を感じさせる。

 

そうすれば、妻も責任を追及しにくくなろうだろう・・・というわけです。

 

 

また、同じ悪いことをしても、もっともらしい理由をつければ、あまり怒られずに済むという計算もあります。

 

仮に、不倫の本当の理由が「好みのタイプの女性から誘われて、つい魔が差して・・・」というものだった場合、本当の理由を言うと妻からメチャクチャに怒られますよね。

 

そのため、本当の理由は伏せて、「妻が●●だったから不倫をした」と、もっともらしい理由を付けるわけです。

 

 

話のすりかえで夫の責任があいまいになると、夫は不倫を止めませんし、反省もしません。

 

ですから、妻としては、夫の話のすりかえに乗らないことが重要です。

 

夫が話をすりかえて来てるなと気づいたら、「今はあなたのこと(不倫のこと)を話しているの」と切り返してあげましょう。

 

 

中には、夫の指摘ももっともだと感じる方もいるでしょう。

 

しかし、妻に多少の落ち度や至らないところがあったからと言って、それが不倫をして良い理由にはなりません。

 

不倫は夫が自分で決めて始めたことなので、責任は全て夫にあります。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ