不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

「どうすれば夫に気持ちが伝わりやすいか」を考えよう!

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

不倫をしている夫に、思い切って自分の気持ち(辛い、悲しい、寂しい、虚しい、腹が立つetc...)を伝えてみた。

 

けれど、夫は相手にしてくれなかった(無視、冷笑、逆ギレetc...)・・・。

 

勇気を出して気持ちを伝えようとしたのに、このような対応をされると傷つきますよね。

 

「どうせ私の気持ちなんかわかってくれない」とスネてしまうこともあるでしょう。

 

 

ただ、夫とやりなおしたい気持ちが残っているなら、ここで諦めるのではなく、もう少し頑張ってみるのも良いでしょう。

 

これまでのやり方で気持ちが伝わらなかったのなら、夫に気持ちが伝わりやすい方法を考え、伝え方を工夫するのです。

 

気持ちは吐き出すのも大事ですが、伝わってこそ意味があるとも言えます。

 

自分の気持ちを一方的にぶつけるのではなく、どうすれば伝わりやすいか考えていきましょう。

 

 

具体的には、気持ちを伝えるタイミング、口調、表現方法などを工夫してみましょう。

 

気持ちを伝えるタイミング

 

・帰宅後すぐは夫も疲れているので避ける。

 

・夫が帰宅して食事・風呂を済ませてくつろいでいるときに伝える。

 

口調

 

・なるべく冷静に、おだやかな口調で伝える。

 

・感情的になりすぎてしまうときは一旦その場から離れる。

 

・責め口調でケンカになってしまうときは手紙やメールで伝える。

 

●表現方法

 

・気持ちを表す適切な言葉を探して伝える。

 

・「あなた」ではなく「私」を主語にして伝える。

 

 

また、こちらの4つのポイントも意識して伝えるようにしてみてください。

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ