不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

不倫の罪悪感を感じすぎてしまう夫とやり直すには?

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

不倫でどの程度の罪悪感を感じるかは、人それぞれです。

 

罪悪感を全く感じない夫だと、夫婦関係修復はおろか、不倫を止めてもらうのも困難を極めます。

 

罪悪感を感じやすい夫は、きっかけ次第で不倫を止める可能性がありますし、夫婦関係修復の希望が持てます。

 

 

では、不倫の罪悪感を強く感じすぎるタイプの夫はどうでしょう?

 

罪悪感が強すぎるタイプの夫は、全く感じないタイプの夫とはまた違った意味で、修復が難しい面があります。

 

罪悪感が強すぎるタイプの夫は、妻の次のような言動・態度に罪悪感を刺激されてしまいます。

 

・不倫をしたことを責める
・怒る
・泣く
・つらそうな様子
・元気のない様子

 

不倫をされた妻からすれば、どれも当然の反応ですね。

 

しかし、罪悪感が強すぎるタイプの夫は、罪悪感を刺激され続けることに耐えられません。

 

そこで、今の状況から手っ取り早く解放されるため、「離婚」を言い出すことがあるんですね。

 

(そこまで罪悪感を感じるなら、最初から不倫しないでよ!と突っ込みたくなりますが・・・)

 

 

このタイプの夫とやり直すには、妻の側の感情コントロールがより重要となります。

 

例えば、不倫のイヤな記憶を思い出してつらい気分になったとします。

 

しかし、その気持ちをストレートに夫に吐き出すことは制限しないといけません。

 

夫の罪悪感を刺激することになり、夫が離婚に逃げる可能性があるからです。

 

 

不倫をされたのは自分の方なのに、夫にいちいち気を遣うのはストレスがたまるはずです。

 

その負担を引き受けてもなお、今の夫と夫婦関係をやり直したいのか?について、よくよく考えてみる必要があるでしょう。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ