不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

夫の不倫に対して「自分がどうしたいか分からない」貴女へ

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫の不倫が発覚すると、ショックのあまり「何も考えられない」状態になることも珍しくありません。

 

この状態では適切な対処など不可能です。

 

しばらくの間は、気持ちを落ち着けることを優先すべきです。

 

多少気持ちが落ち着いてきたら、「今後自分はどうしていきたいか?」について考えていきましょう。

 

夫とやり直したいのか、別れたいのか、離婚だけは避けたいのか、考えをまとめていくことです。

 

考えがまとまるまでの期間は個人差があります。

 

しかし、いつまで経っても「自分がどうしたいか分からない」となると、困ってしまいます。

 

方針が決まらないことには動きようがありませんし、動かないことには夫の不倫も解決しないからです。

 

もし、あなたが3ヶ月考えても「自分がどうしたいか分からない」としたら、次のような原因が考えられます。

 

1.他者優先がクセになっている

 

結婚生活において、女性は「自分がこうしたいからこうする」と、自分中心に物事を考える機会が少なくなります。

 

妻・母親として、「夫や子供のために自分はどうするか」という他者優先の視点で考えることが多くなります。

 

結果的に、良い意味でも悪い意味でも、他者優先に考えるクセがつきやすくなります。

 

すると、夫の不倫に直面して、自分は今後どうしていきたいかを考えようとしても、上手く答えが出てこなくなります。

 

他者優先のクセがついていて、自分中心に考える回路がサビついてるわけです。

 

 

2.親から罪悪感を植え付けられている

 

あなたが「自分はこうしたい!」と決めること自体に罪悪感や抵抗を感じるなら、それは親からの影響が考えられます。

 

親があなたに、「自分中心に物事を考えるのは悪いこと」と教えてきたので、自分中心に考えようとすると罪悪感を感じてしまうのです。

 

他者優先のクセも罪悪感も、すぐに拭い去ることはできません。

 

しかし、気づくことだけでも大きな前進です。

 

 

あなたの人生はあなたのものです。

 

決して、夫・子供・親のためにあるわけではありません。

 

あなたの人生は、あなたがあなたのために決めて良いのです(ただし、選択の結果については責任を持たないといけません)

 

そのことを、あなたの心に少しずつ浸透させていって下さい。

 

そうすれば、「自分がどうしたいか分からない」という悩みは解消していくはずです。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ