不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

不倫をした夫に飲み会参加を禁じても良い?

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫が不倫をやめてくれたとします。

 

しかし、夫が不倫をやめても、妻は夫のことをすぐに信用できるようにはなりません。

 

「夫はまた不倫を繰り返すのではないか?」という疑念と不安が、当分の間つきまとうことになります。

 

 

夫の不倫再発が不安な妻は、夫の行動を制約したくなります。

 

不倫のきっかけとなりそうな行動は控えて欲しいと思うのは、一度不倫をされた妻にとっては当然のことです。

 

例えば、社内不倫で、出会いのきっかけが会社の飲み会だったとします。

 

この場合、妻が夫の飲み会参加について、疑念と不安を感じるのはもっともです。

 

また、友人(女性遊びが好きな独身男性)との交流がきっかけだったのなら、その友人とは当分付き合わないで欲しいと思うでしょう。

 

 

夫がいくら「もう二度と不倫はしない」と決意していても、妻にその決意をすぐに信じろというのはムリな話です。

 

夫が妻とやり直したいのなら、妻の不安を出来る限り和らげてあげる必要があります(不倫反省本第1章6.「不倫再発の不安を解消してあげる」参照

 

 

ですから、夫の飲み会参加などが不安なときは、夫に参加を控えるよう求めても良いのです。

 

不倫を反省している夫なら、妻の不安な気持ちに理解を示し、何とか妻の要望に応えようとしてくれるはずです。

 

 

ただ、会社の飲み会は仕事上どうしても外せないケースもあり得るでしょう。

 

夫が、仕事でどうしても参加しないといけないと言ってくることもあります。

 

この場合、仕事だからと何でも認めてあげる必要はありません。

 

飲み会に参加できず、仕事に支障を来すとしても、それは夫が不倫をしたのが悪いのであって、自業自得だと言えます。

 

飲み会に限らず、不倫をしたせいで自分の行動が制約され、辛い思いをするというのは、夫にとって良い薬(不倫を後悔するための)にもなります。

 

 

とはいえ、夫の仕事に支障が出て、給料が減るような事態になると、結果として妻も不利益をこうむることになります。

 

そうした事態を避けたいのであれば、まずは飲み会の必要性と参加メンバーなどを夫に説明してもらいましょう。

 

そのうえで、参加の可否について夫と話し合って、結論を出して下さい。

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ