不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

妻が強い夫婦にありがちな夫の不倫パターン

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫婦の中には、「どちらかと言えば妻の方が立場が強い」という夫婦もいると思います。

 

・夫の意見より妻の意見が通ることが圧倒的に多い

 

・大事なことは妻が方向性を決めて、夫がそれを追認することが多い

 

・家計のやりくりは妻が一手に担っている(夫の自由になるお金はお小遣いのみ)

 

・夫婦ゲンカは夫が謝って終わるケースがほとんど

 

 

夫婦の関係性は人それぞれです。

 

妻の方が強くても、夫婦がそれで幸せなら何も問題はありません。

 

 

問題は、夫がそうした関係性について、内心不満を抱きながらも我慢しているケースです。

 

「もう少し自分の意見や要望を尊重して欲しい」などと思っていても、それを伝えると妻が怒ったり、ケンカになるのが嫌で、不満を口に出さずに我慢してしまうのです。

 

 

しかし、「自分さえ我慢していれば夫婦は上手くいく」と自分に言い聞かせていても、ムリな我慢はいつまでも続くものではありません。

 

我慢を重ねていくうち、何かのきっかけで我慢が限界を超えてしまうことがあります。

 

そうなると、ムリな我慢を重ねてきた反動が出てきます。

 

「オレはこんなに我慢してきたのに!」という怒りが強くなり、その怒りが妻に向けられるのです。

 

それまで従順だった夫が、ある日突然妻への態度を一変させ、やたら攻撃的になったりします。

 

妻とのあらゆる関わりを拒絶するようになり、自分一人で勝手な行動を取るようになったりもします。

 

そういう夫は、「妻への逆襲」のような感覚で、そうした態度や行動を取っていたりします。

 

人によっては、それに留まらず、「オレも好きなようにやってやる」とばかりに不倫に走るのです。

 

 

これが、妻が強い夫婦にありがちな夫の不倫パターンです。

 

ただ、こうしたパターンの不倫であっても、妻は決して悪くありません。

 

目先の妻との対立を避けたいがゆえに、「自分さえ我慢すれば良い」とムリを重ね、挙句の果てに我慢が限界に達し、不倫までしてしまう。

 

これでは妻は夫の不満に気づく機会もありません。

 

「夫は何も言わないのだから、何も不満はないだろう」と思うのは当然のことです。

 

 

夫の中だけで全て自己完結させて、「オレばかり我慢してきた」とばかりに怒りをぶつけられ、そのうえ不倫までされてしまっては、妻はたまったものではありません。

 

確かに、夫婦関係を良好に保つには、お互いにある程度の我慢が必要なこともあるでしょう。

 

しかし、目先の対立を避けたいがために、必要以上の我慢を続けるとどうなるのかは、上記でお話したとおりです。

 

必要以上の我慢を続けることは、かえって夫婦関係を悪化させることにもなりかねません。

 

 

もともと夫は、妻との関係を悪化させたくなくて、我慢をするという選択をしたのかも知れません。

 

その選択は、「妻との夫婦関係を大切にしたいという気持ちの表れ」とも言えます。

 

ただ、それは同時に、「妻と本気で向き合うことから逃げた」ということでもあります。

 

妻と本気で向き合うことから逃げ、結果的に不倫に走ってしまった夫に同情の余地はありません。

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ