不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

不倫をやめた夫の受け入れ方

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫が不倫をやめて、「妻とやり直したい」「別居を解消して家に戻りたい」などと言ってきたとします。

 

当然のことですが、不倫をやめた夫を受け入れるかどうかは、全て妻の意志次第です。

 

夫を受け入れると周囲の人からどう思われるかではなく、自分が受け入れたいのかどうかを基準に判断すれば良いのです。

 

自分の人生の責任を取れるのは自分だけで、周囲の人は責任を取ってはくれませんからね。

 

 

夫を受け入れる際に注意したいのは、「夫が不倫を心から反省しているかどうか」を見極めることです。

 

夫が不倫をやめたとしても、心から反省していない場合は、再度不倫を繰り返す恐れがあるからです。

 

 

・不倫で妻がどれほど傷ついているかを理解しているか?

 

・不倫の責任を認めず、ウヤムヤにしようとしていないか?

 

・反省の態度を示しているが、それは一時的なものではないか?

 

 

このような観点から、夫の様子を観察する期間を設け、夫の反省を見極めることが大切です。

 

夫を受け入れる(やり直すことに同意する、同居を再開する)のは、夫の反省を見極めることができてからが望ましいといえます。

 

不倫についてどの程度反省できるかは、夫により個人差があります。

 

いさぎよく言葉で謝罪できる夫もいれば、悪いと思っていても素直に口に出して謝れない夫もいます。

 

どの程度の反省でよしとするかは、妻の判断次第です。

 

 

「不倫はやめたのだから、あとは全て水に流す」と無条件に受け入れる方法もあります。

 

しかし、無条件に受け入れてしまうと、夫が「不倫をしても簡単に許してもらえる」と勘違いする怖れがあります。

 

また、夫に反省をうながす機会をみすみす失うことにもなります。

 

 

やはり、一定期間は夫の様子を観察し、夫の反省を見極めていきたいところです。

 

夫には、「やり直すかどうかは、しばらくあなたの態度や行動を見てから決めるわ」などと伝えておきましょう。

 

そこまではっきり伝えるのは怖いということでしたら、黙って様子を観察しても良いでしょう。

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ