不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

不倫するぐらいなら最初から結婚するな!

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

不倫は妻の心をひどく傷つけ、夫婦の信頼関係を破壊する行為です。

 

子供の心も傷つけますし、両親からの信用も失ってしまいます。

 

当事者である夫も罪悪感で苦しむことになります。

 

妻が離婚を選択しないとしても、不倫後のやり直しはたやすい道ではありません。

 

 

不倫はこうした深刻な結果を招くものと分かっていて、自らの行動をコントロールできる夫は不倫をしません。

 

仕事や家庭に多少のストレス・不満を感じていても、不倫という最悪の逃げ道は選ばないのです。

 

 

不倫をする夫の中には、ストレス耐性が極端に弱かったり、不満を感じやすく、溜め込みやすいタイプの人がいます。

 

こういうタイプの夫は、不倫がどのような結果を招くかについて、思いをめぐらせる余裕がありません。

 

そのため、「たったそれだけの理由で!?」と驚くような理由やきっかけで、不倫という逃げ道を選んでしまいます。

 

 

ご承知のとおり、結婚生活を営んでいくにはお金が必要ですし、働いてお金を稼ぐのはプレッシャーもストレスもかかります。

 

独身のときとは違い、お互いの価値観や生活スタイルを尊重し、合わせていく努力も必要です。

 

様々な点で自由を制約されたり、我慢しないといけない場面も出てきます。

 

ただ、愛する人との結婚生活においては、これらの負担を差し引いても余りあるほどの幸せが得られます。

 

結婚して幸せになりたいのなら、それなりの負担に耐えるだけの心の強さが必要ということですね。

 

 

結婚生活に伴う当然の負担にすら耐えられずに、不倫という逃げ道に逃げ込む夫。

 

現実と向き合い、毎日一生懸命に仕事、家事、育児をがんばっている妻と比べると、不倫をする夫の心の弱さが際立ちます。

 

 

自分は結婚に伴う負担に耐えられるのか?

 

夫はその点をどこまで真剣に考えて結婚を決めたのでしょうか。

 

もし、大した考えも覚悟もなく結婚を決め、負担に耐えられずに不倫をしたのなら、無責任としか言いようがありません。

 

妻からすれば、「不倫するぐらいなら最初から結婚するな!」と言いたくなるのも当然のことです。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ