不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

良い妻になる努力をしても夫が不倫をやめないワケ

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫の不倫の対処法として、「良い妻になる」という方法があります。

 

良い妻になる方法とは、次のようなものです。

 

・夫の不倫には一切触れない。

 

・夫に笑顔で接して、感謝して、ほめて、愛情を注ぐ

 

こうして「良い妻」でいる努力をしていれば、夫は機嫌が良くなり、不倫をやめて妻のもとに戻ってくるはず・・というものです。

 

 

良い妻をやっていると、夫の機嫌が一時的に良くなることはあります。

 

夫にしてみれば、不倫はやりたい放題、家でも妻に良くしてもらえるのですから、機嫌が良くなるのも当然です。

 

しかし、夫の機嫌が良くなっても、夫が不倫をやめることはありません。

 

それどころか、不倫が許されたかのように勘違いし、調子に乗ってますます不倫が悪化することもあります。

 

不倫をしても何一つ文句も言われず、罰を受けることもなく、かえって妻に良くしてもらえる。

 

こうした天国のような環境を、夫が率先して手放すはずはないのです。

 

 

また、夫のタイプによっては、妻が良い妻になる努力をすると、嫌悪感を露わにしてくる夫もいます。

 

妻の努力を自分に対する「あてつけ」のようにとらえたり、「離婚されると困るから態度を変えているだけ」などと解釈するからです。

 

夫は妻の行動に反発するので、不倫をやめることはありません。

 

 

そもそも、妻が良い妻になる努力をする動機は、「夫に不倫をやめてほしいから」でした。

 

夫の不倫は自分にも原因がある。

 

だから、自分が悪いところを直せば夫は不倫をやめてくれるはず。

 

そう信じて、わらをもすがる思いで良い妻になる努力をしている方もおられるでしょう。

 

 

しかし、前述のように、良い妻になる努力をしても、夫が不倫をやめることはありません。

 

これは、「夫が妻の動機・真意を察していないから」ということもできます。

 

妻は夫に不倫をやめてほしくてやっているのに、ある夫は「不倫が許された」と勘違いし、またある夫は「オレへの当てつけでやっている」と誤解しているのですから・・。

 

 

不倫をする夫に限らず、一般に男性は女性に比べ、人の気持ちを察するのがヘタです。

 

そういう夫に対して、「良い妻になる努力をしている私の真意を察してほしい」と願うのは、かなりハードルの高い期待だと言わざるを得ません。

 

夫にストレートに気持ち(不倫をやめてほしい。不倫をされてどう思っているか)を伝えるのは勇気がいります。

 

しかし、良い妻になる努力を通して「変化球」で伝えるより、ストレートの方が夫には圧倒的に伝わりやすいです。

 

そのことは覚えておいて損はありませんよ。

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ