不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

夫の不倫の原因は妻が夫を放っておいたから?

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫が不倫をした原因には心あたりがある。

 

それは、私が夫を放っておいた(かまってあげなかった)からだ。

 

だから夫はさびしくなって、不満をためて、別の女性に目を向けてしまったのだ・・

 

 

このように、夫の不倫の原因は自分にもあるとして、自分を責めている方もおられるでしょう。

 

確かに、夫が妻に「放っておかれた」ように感じて、さびしくなったり、不満をためてしまったのは事実かも知れません。

 

しかし、妻も完璧ではありませんし、日々の生活で一生懸命なのですから、夫への配慮が行き届かないこともあるでしょう。

 

それをいちいち不倫の理由にされたら、世の中の夫はみな不倫をすることになります。

 

でも、実際はそんなことはありませんよね。

 

不倫をしない夫は、多少さびしい思いをすることがあっても、健全な方法で埋め合わせをするものです。

 

もしくは、妻に「最近放っておかれているような気がしてさびしい」と、率直に気持ちを伝える方法もあります。

 

不倫に走る前にそう言ってもらえば、妻もムリのない範囲で夫への接し方を改めることができますよね。

 

 

夫から何の言葉もサインも出ていなければ、妻は夫のさびしさや不満に気づくことはできません。

 

妻は超能力者ではないのですから、仕方のないことです。

 

 

そもそも、不倫をするタイプの夫には、物事の受け止め方が極端な人が多いものです。

 

妻の何気ない言葉や態度から「放っておかれた」と思い込み、不満をつのらせたりします。

 

勝手な思い込みで不満をためて、その挙句に不倫をされたのでは、妻としてはたまったものではありません。

 

 

ですから、夫が「放っておかれた」と感じていたとしても、そのことで妻が過度に自分を責める必要はありません。

 

ましてや、「私が放っておいたから不倫をしたのだ」と、不倫の責任まで妻が引き受ける必要は全くありません。

 

夫がさびしい思いをしていたとしても、だからといって不倫をして良いことにはなりません。

 

「さびしい思いをさせた私も悪かったから」と、夫の責任をあいまいにしてしまうと、夫は不倫を反省しなくなります。

 

それどころか、「ほら、お前が悪いからオレは不倫をしたんだ」「いまさら反省したって遅いんだよ」などと調子づくことすらあります。

 

 

夫の不倫で反省すべきは夫のはずなのに、なぜか夫はいばっていて、妻の方が謝っている・・

 

このような状態では、夫の不倫が解決するはずがありません。

 

 

夫の不倫をきっかけに、これまでの夫婦関係や夫への接し方を振り返ってみるのは、何も悪いことではありません。

 

もし反省すべき点があるのなら、これからの夫婦関係再構築に活かしていくと良いでしょう(同じことは夫にも言えます)

 

ただ、それはあくまで夫への接し方に限ったことで、夫の不倫について妻が反省したり、自分を責める必要は全くありません。

 

夫の不倫に対処する際は、そのあたりをしっかり区別しておくことが大変重要になります。

 

 

※夫が不倫に至るまでの心理については、電子書籍「不倫をする夫の心理がわかる本」で詳しく解説しています。

 

よろしければ参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ