不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

ママ友から「私なら不倫するような夫とは別れるわ」と言われたら

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

友人・知人・ママ友などに夫の不倫を相談すると、「私なら不倫するような夫とは別れるわ」と言われることがあると思います。

 

「よくそんな夫と一緒にいられるよね」

 

「私ならムリムリ!」

 

「え〜っ!、まだ別れてないの?」

 

などと、非難めいたことを言われることもあるでしょう。

 

人の意見を聞きたくて相談しても、否定的なことばかり言われると傷ついてしまいますよね。

 

 

不倫をした夫とすぐに別れる決断ができない自分。。。

 

そんな自分はおかしいのだろうか?と、自分の気持ちに自信を持てなくなることもあるでしょう。

 

しかし、決して自信を失う必要はありません。

 

 

男女問わず、結婚生活には、自らの大切な資源(時間、若さ、労力、お金など)を注ぎ込んでいます。

 

さらに女性の場合は、子供を産むことで、仕事や行動の自由を大幅に制約されてしまいます。

 

結婚生活ではかけがえのない幸せを得られるわけですが、その分大きな代償を払っていることもまた紛れもない事実なのです。

 

 

結婚とはお互いの愛情だけで成り立つものではありません。

 

夫の不倫で夫への愛情や信頼は薄れたけど、かといって完全に嫌いになったわけではないとします。

 

妻が結婚生活に払ってきた代償の大きさ。

 

離婚後に生じるであろう様々な問題。

 

それらを考え併せると、大嫌いとは言えない夫と簡単に別れられないのは、ある意味当然のことではないでしょうか。

 

 

夫のたった一度の不倫で別れを決断する妻もいます。

 

しかし、「夫が不倫を止めて改心してくれるなら、もう一度やり直したい」と願う妻も沢山います。

 

それは何らおかしいことではありませんし、誰からも否定される言われはありません。

 

 

「私なら別れる」と言っている方は、実際に自分が同じ立場に立ったとき、果たして同じことが言えるのでしょうか。

 

脅かすわけではありませんが、夫の不倫の原因はほぼ夫の心の中にあるので、妻がどれだけ完璧な妻でも、いつ不倫問題が自らに降りかかってくるかは分かりません。

 

カウンセリングでこのようなことを仰っていた方がいました。

 

「以前、友人の夫の不倫で相談を受けたときは、大変だなぁと思いつつも、どこか他人事のような気持ちで悩みを聞いていました」

 

「でも、自分が同じ立場になってみて、あのときの友人の辛さが実感できました」

 

自分が不倫をされていない状況で感じることと、不倫をされたときに感じることはまた別なんですね。

 

 

夫の不倫問題の相談を受けた方が、自分の意見を言って頂くのは良いのです。

 

ですが、それと同時に、相談している方の今の気持ちを尊重することを忘れないで頂きたいと思います。

 

特に娘さんの親御さんは、娘可愛さ、娘婿への怒りのあまり、娘さんの気持ちよりも親御さんの意見(こんな夫とは今すぐ別れるべき)を押しつけがちになるものです。

 

娘さんのことを本当に大切に思われるなら、親御さんの意見は意見として、娘さんの今の気持ちを最優先にしてあげて頂きたいと思います。

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ