不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

夫の不倫ぐらい大したことではない?

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫の不倫を「解決すべき問題」として受け入れるのは大変辛いものです。

 

 

「夫は不倫をするような人だったのか・・」

 

「私はずっと裏切られていたのか・・」

 

「これまでの結婚生活は一体何だったのか・・」

 

「この先、私と子供の生活はどうなるのだろう・・」

 

 

夫の不倫を問題として認めた瞬間から、悲しみ、虚しさ、怒り、不安、絶望など、辛い感情が一気に押し寄せてきます。

 

また、容易に解決の見通しが立たない問題を抱えることにもなります。

 

 

夫の不倫発覚直後などは、この辛さから逃れるため、無意識のうちに夫の不倫を「大したことではない」と思い込もうとすることがあります。

 

「夫の不倫くらい大した問題じゃない」

 

「どんな夫婦でも多かれ少なかれあること」

 

「他と比較しても、夫の不倫の程度はそうひどくない」

 

 

このように思い込めば、辛い感情をある程度回避できますし、夫の不倫に対処しようとしなくて済みます。

 

大した問題ではないのだから、それほど傷つく必要もないし、リスクを背負って対処する必要もない、ということですね。

 

 

こうした対応は、心を守るための防衛反応の一種で、自然な心の働きといえます。

 

決して、「問題を受け入れられない=心が弱い」というわけではありません。

 

 

誰しも、夫の不倫に最初から完璧に対処することなど出来ません。

 

ですから、夫の不倫を問題として受け入れたくない時期があっても良いのです。

 

問題に向き合う心の準備が出来てくれば、自然と受け入れられるようになりますからね。

 

 

夫の不倫を問題として認めなければ、対処のしようもありませんし、心の傷を認めなければ回復もありえません。

 

夫の不倫という出来事をありのまま見つめ、「解決すべき問題」として受け入れていく。

 

これは大変辛いことではありますが、受け入れることで問題解決のスタートラインに立つことが出来ます。

 

そして、心の傷も回復に向けて進み始めるのです。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ