不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

不倫の話し合い〜同じパターンの繰り返しを避けるためには?

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫の不倫問題について話し合うと、自分ばかり話す形になり、最後はいつも夫が黙り込んでしまう・・

 

または、最後はいつも夫が逆ギレをして、怖くて何も言えなくなってしまう・・

 

このように、夫との話し合いがいつも同じパターンの繰り返しになってしまうケースがあります。

 

同じパターンを繰り返していては、お互いにストレスがたまるだけで、不倫問題が解決に向かうことはありません。

 

そのうち、夫と話し合うのが無意味に思えてきて、解決をあきらめてしまうこともあるでしょう。

 

 

では、どうすれば同じパターンの繰り返しを避けて、実のある話し合いが出来るようになるのでしょうか?

 

まずは、過去のやりとりを振り返って、夫との話し合いのパターンを自覚しておくことです。

 

(不倫問題に限らず、夫婦間で解決すべき課題があるとき、いつも同じパターンの繰り返しになりがちです)

 

そして、話し合いの最中に、「ああ、また同じパターンの繰り返しになりそうだ」と思ったときに、いつものパターンを自分から変えてみるのです。

 

例えば、夫が黙り込んでしまう場合は、自分ばかり話すのではなく、夫が言葉を探すまで待ってあげる(一般に、男性は女性に比べて、気持ちを言葉で表現するのに時間がかかります)

 

夫が逆ギレする場合は、怖い気持ちをグッとこらえて、ひるまずに落ち着いた態度で向き合う(逆ギレをするタイプの人は、相手が弱いと思うとますます攻撃的になってきます)といったことです。

 

 

自分からパターンを変える試みをすることで、いつものパターンに変化が生じてきます。

 

一度で劇的に変化することは期待せず、まずは小さな変化を起こしてみましょう。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ