不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

不倫相手が弁護士を立ててきたら!?

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫の不倫相手に慰謝料請求をすると、不倫相手が弁護士を立ててくることがあります。

 

不倫相手にも弁護士を頼む権利はあります。

 

それは分っていても、「弁護士を頼むのは反省していない証拠」のように感じることもあるでしょう。

 

不倫相手の弁護士が慰謝料を値切ってきたり、不倫相手を守ろうとしているの見ると、なおさら腹が立ってくるものです。

 

 

しかし、不倫相手が弁護士を立ててくるのは、決して「無反省だから」という理由だけではありません。

 

不倫相手は、妻から慰謝料請求をされて、どうして良いか分からず、不安になって弁護士の元に駆け込んだのです。

 

つまり、慰謝料請求することで、「弁護士に頼らざるを得ない状況に追い込んだ」とも言えます。

 

弁護士に依頼するのは数十万単位のお金もかかります。

 

不倫相手が弁護士を立ててきたとしても、少なからず精神的・経済的打撃を与えたことには変わりないのです。

 

 

もともと、不倫相手が反省するかしないかは、不倫相手自身の問題です。

 

不倫相手を反省させることが出来なかったとしても、「不倫相手に対してやれることはやった」という思いは、必ず自らの心の支えになっていきます。

 

 

また、不倫相手が弁護士を立ててくることは、プラスの側面もあります。

 

不倫相手の中には、慰謝料請求をしても全く話し合いにならない(無視、逆ギレ、その場しのぎの対応で逃げる等)人もいます。

 

しかし、弁護士を立ててくれれば、少なくとも「話し合いにはなる」のです。

 

不倫相手が不倫を認めている場合、一般に弁護士は、最低限の慰謝料を支払って和解することを勧めるようです。

 

不倫相手にとってみれば、自分が依頼した弁護士から、不倫の責任を取るよう説得されるわけです。

 

これって、ある意味滑稽だと思いませんか(笑)

 

 

私のカウンセリングでは、不倫相手への慰謝料請求に関するご相談もお受けしています。

 

行政書士として、実際に慰謝料請求書を作成・送付している経験も踏まえ、アドバイスをさせて頂きます。

 

不倫相手への慰謝料請求でお悩みの方は、ぜひカウンセリングをご利用ください(むやみに慰謝料請求を勧めることはありませんので、ご安心ください)

 

※ただし、裁判に関する疑問・お悩みは弁護士にご相談ください。

 

 

(おすすめ記事)

 

不倫相手の女性と対峙するときの3つのポイント

 

不倫相手への連絡と夫との話し合いどっちが先?

 

不倫相手への慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット・デメリット

 

不倫相手への慰謝料請求は●●のためにやろう!

 

不倫を妻のせいにする不倫相手の心理

 

夫の不倫を解決するための3ステップ

 

不倫をされてどういう気持ちか、夫にきちんと言葉で伝えよう!

 

浮気夫に「私と向き合って」と言えば言うほど避けられるのはナゼ?

 

不倫した夫のご機嫌を取る必要はありません

 

夫が不倫相手を特別な存在と勘違いする理由

 

私に魅力が無いから夫は不倫をしたのでしょうか?

 

不倫をした夫の「話のすりかえ」に気を付けよう!

 

「良い妻」を止めると夫の心境はどう変化するか?

 

夫に働きかけるのはリスクを受け入れてからで良い

 

「やり直すべきか」「別れるべきか」で迷ったときの対処法

 

不倫後のやり直し〜夫の態度・行動に不満を感じるとき

 

「いつまでも前向きになれない」と、自分を責めないで

 

夫婦関係を再構築するには、夫の不倫を許さないといけない?

 

不倫再発を防ぐためには夫の●●●を刺激しよう!

 

不倫の悩みそのものよりも深刻な問題とは?

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ