不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

自己弁護ばかりの不倫夫に幻滅したとき

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

不倫が発覚したのに、一言の謝罪もなく、反省の態度も示さず、ひたすら自己弁護の言動を繰り返す夫・・・

 

そんな夫に対して、怒りを通り越し、幻滅している方もおられると思います。

 

 

人間、窮地に追い込まれたときほど、その人の本質が見えると言います。

 

「いざとなったら妻より自分優先」が夫の本質という見方もできるでしょう。

 

「そんな夫とはもうムリ!」ということで、離婚の結論を出す方もいるかも知れません。

 

それはそれで一つの判断です。

 

 

ただ、自己弁護ばかりの夫に対して、別の見方をすることもできます。

 

それは、「今は妻の気持ちを思いやる心の余裕がないんだな」という見方です。

 

本質的に反省のできない人ではないけれど、今は動揺していて自分のことで精一杯というわけです。

 

そんな夫でも、不倫発覚当初の動揺が収まってくれば、妻の気持ちに目を向ける余裕が出てくるかも知れません。

 

その時点で「オレは妻をこんなに傷つけてしまったのか。本当に申し訳ないことをした」と反省できる夫なら、まだ人として見込みはあると言えます。

 

 

私は決して不倫をした夫の味方ではありません。

 

不倫という酷い裏切りをしておきながら、自己弁護に終始したり、妻に責任転嫁するなどもってのほかです。

 

すぐに反省と謝罪をできない夫なら、妻に見限られ、離婚を言い渡されても仕方ありません。

 

 

ただ、前述のように、「すぐに反省する心の余裕はないけれど、いずれ反省できるようになる夫」もいます。

 

夫の本質を見極めるため、少し様子を見てみる手もありますよ。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ