不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

不倫夫はモラハラ夫でもある?

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

不倫をする夫の中には、妻に対してモラハラ的な言動をしている人もいます。

 

モラハラ(モラルハラスメント)とは、「ことばや態度で繰り返し相手を攻撃し、人格の尊厳を傷つける精神的暴力のこと」です。

 

モラハラの詳細はこちらをご覧ください。

 

 

モラハラ夫は、妻を見下し、妻は常に自分に従うべきだと思っています。

 

モラハラ夫からすれば、「オレのやること(例えそれが不倫であろうと)に妻が不満や文句を言うのはとんでもない」ということになるわけです。

 

 

また、モラハラ夫は、妻の気持ちを思いやることはないのに、自分の気持ちだけは過度に主張してきます。

 

妻が不倫のことに触れると、「あのときオレはお前(妻)からないがしろにされていた」「オレの方こそお前の●●で傷ついた」などと、不倫を正当化してきます。

 

 

不倫の歯止め(不倫をしない・止めるための動機づけ)になるのは、妻を大切に思う気持ちです。

 

「不倫をしたら妻をひどく傷つけてしまう」

 

「大切な妻を傷つけたくない」

 

「不倫をしてしまうと、大切な妻に愛想を尽かされ、失うかも知れない」

 

そうした思いが不倫の歯止めになるのです。

 

 

モラハラ夫は妻を大切に思う気持ちが希薄なため、不倫の歯止めがありません。

 

よって、ちゅうちょなく不倫を始め、平気で不倫を続けていられるわけです。

 

 

そんなモラハラ夫に不倫を止めてもらうのは困難を極めます。

 

しかし、夫に不倫を止めて欲しいのなら、あきらめずに声を上げていくことが必要です。

 

まずは、夫に言うべきこと(不倫は受け入れられない、不倫されると悲しいetc..)をしっかり言う。

 

それでも夫が変わらなければ、その時点で改めて夫との向き合い方を考えていきましょう。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ